FC2ブログ

桜まつり情報 2014

先週まで「寒い寒い」と言っていたのに、今週になって暖かい日が続いたおかげでしょうか?
津山では昨日今日の二日間でイッキに桜の花が花開きだしました。

岡山地方気象台によりますと、平年より1日はやい28日に後楽園の標準木の桜で開花がみられたとのことで、約1週間くらいで満開になる見込みだそうで、1月に書いた記事「サクラ開花予想2014」の中で、気象情報会社ウェザーマップによれば3月27日頃に開花と予想していたんですが、ほぼ正解です♪
そして津山は30日頃と予想してましたが、これも大当たり!ウェザーマップなかなかやりますねー。

この調子で暖かい日が続くと、津山の鶴山公園の桜は今度の週末がちょうど見頃になりそうな気がするんですが、週間天気予報が…。土曜日が雨で日曜日が曇りになっています。
満開になるのが早過ぎると土曜日の雨で散っちゃわないかちょっと心配です。

というわけで早速今年2014年の岡山県内の桜まつり情報をお届けします。
※市町村別(50音順)

“桜まつり情報 2014”の続きを読む
イベント情報 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/03/30 23:21

美作は謎に満ちて-解答発表-

美作は謎に満ちて美作国建国1300年記念事業での企画、美作国を旅して謎解きを愉しむ『美作国theミステリー ~美作は謎に満ちて~』の解答が発表されました。

みなさんの推理は当たりましたか?
美作国を巡ってもらって謎解きを楽しんでもらうという趣旨の企画ですので、ミステリーとしての難易度は抑えられていたので、おそらく大多数の方が真犯人を突き止めることに成功したと思いますがいかがでしたでしょうか?

先日、美作国建国1300年記念事業の公式サイトに推理結果発表のリンクが登場。
そちらをもうチェックされた方もいらっしゃるかもしれませんが、改めてここでも正解を発表しておきますね。

まずは円香(まどか)の兄:暁(あきら)が残した三つのヒントから。

【美作土居】駅の前の坂を上れ。そのままを見ろ。宿は必要ない。
美作土居駅のある美作市土居はかつての宿場町で「土居宿」と呼ばれていましたが、「宿は必要ない」ので、“土居”という言葉が導き出されます。

【津山】中山神社のぬいぐるみに正体を問え。いは捨てろ。
中山神社でぬいぐるみと言えば、中山神社の奥にある猿神社に奉納されている安産祈願の「赤い猿」。“いは捨てろ”ということですので、“あかさる”となります。

【久世】尋常小学校の校舎と向かい合え、正面から。川のうねりを感じられるだろう。ただし帆はあげるな。
尋常小学校の校舎を真正面から観て目に留まる川に関係するものと言えば、校章の帆掛け舟です。“帆はあげるな”ということで、“舟”がここでのキーワードとなります。

そしてこの三つのキーワード“土居”“あかさる”“舟”のアナグラムから真犯人の名前が導き出されます。
※アナグラムとは、単語を一文字ずつバラバラにして、組み直して意味のある別の単語を作り出すことを言います。

“美作は謎に満ちて-解答発表-”の続きを読む
イベント情報 | コメント:(1) | トラックバック:(0) | 2014/03/06 23:45

2014雛祭りニュースまとめ

もうすぐ3月3日。
岡山県内では雛祭りイベントが目白押しということで、最近はニュースでも毎日のように雛祭り関連のものが多く報じられています。
そういうわけで今回は岡山県内の雛祭りイベントに関連したニュースをピックアップしてまとめてみました。
(全て山陽新聞のものです)


ひな人形、まちを彩る 備前・片上、初のライトアップも(2014/02/27)

備前市の片上商店街周辺で3月1日~3日、まちをひな人形で彩る恒例行事『片上ひなめぐり』。
宇佐八幡宮(同所)の階段の62段に約300体の雛人形を配置する名物「石段ひな飾り」が今年は初めてライトアップされるそうです。

“2014雛祭りニュースまとめ”の続きを読む
イベント情報 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/27 23:41

そうじゃ吉備路マラソンに過去最多参加者

2月23日(日)、総社市三輪の市スポーツセンター付近を発着点に吉備路の史跡を縫うように駆け抜ける『2014そうじゃ吉備路マラソン』が開催されました。

このマラソンは中四国で最大規模の大会で、フルマラソン・ハーフマラソン・10キロ・5キロ・3キロ・ファミリー(1.5キロ)・ファミリー(800メートル)の7種目が用意されており、個々の実力に合わせて挑戦出来るのが魅力ですね。


そうじゃ吉備路マラソンMAP
画像クリックでマップを拡大表示できます(PDF)

同日にはテレビでも中継された東京マラソンがありましたが、あちらが大都会の街並みの中を駆け抜けるのに対して、こちらは作山古墳・備中国分寺の五重塔・造山古墳などを眺めながら吉備路ののどかな風景の中で行われて対照的。

岡山県内だけでなく日本全国から多くの人がこのマラソン大会に参加、今年は7種目トータルで過去最多となる1万8024人がエントリー。
天満屋女子陸上部の若手のホープ・小原怜選手(倉敷市出身)がファミリー(1.5キロ)とファミリー(800メートル)の二種目に招待選手として出場。
また、総社市が宮城県の震災孤児を支援している関係で交流している仙台市から、昨年の6月に結んだ『
仙台国際ハーフマラソン』との連携協定に基づいて高砂中の二年生4人を招待。
「被災地の思いと総社市を結ぶ勇気あふれる走りをすることを誓います」と力強く宣誓し大会がスタート。

沿道にはボランティアだけで2000人、多くの観客がひしめき合うような状態で、早春のうららかな天気に恵まれた中、1万8000人のランナーが吉備路を掛け抜けました。

“そうじゃ吉備路マラソンに過去最多参加者”の続きを読む
イベント情報 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/24 23:37

日本三大奇祭 西大寺会陽

西大寺会陽日本三大奇祭とは秋田県の「なまはげ」、山梨県の「吉田の火祭り」、そして岡山県の「西大寺会陽」が挙げられています。
※ただし、これは国や特定の団体等が指定しているものではなく、1991年に出版された「日本の祭り歳時記」という本に紹介されていたもので、他の奇祭を挙げる方も少なくなく日本各地に“三大奇祭”と呼ばれているものがあります。

さて、その裸まつりで知られる「西大寺会陽」の開催(2月15日)がいよいよ近づいてまいりました。

会陽のスケジュールは、まずは15:30から“少年はだか祭り”からスタートします。
対格差の大きい小学生が参加するということで、1・2年生は餅投げ、3・4年生が五福筒争奪、5・6年生が宝筒争奪という具合に配慮されています。

17:40から演武、18:30に会陽太鼓があり、19:00からは会陽冬花火、19:30にもう一度会陽太鼓、そして少し間が開いて本番の会陽の宝木投下は22:00となっています。

厳冬の二月の深夜に約9000人もの裸の男性達が繰り広げる勇壮な宝木(しんぎ)の争奪戦の迫力は生で観ないことにはわからないでしょうね。

“日本三大奇祭 西大寺会陽”の続きを読む
イベント情報 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/13 23:53
« Prev | ホーム | Next »