スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ふるさと旅行券完売!

お隣の鳥取県が宿泊観光客の増加・周辺施設等への周遊を促進目的で4月1日午前9時に販売開始したプレミアム宿泊券が、一人当たり2枚までの制限付であったにもかかわらず、たった4分で完売した他、同様のプレミアム宿泊券を販売した自治体は多く、いずれも早期完売しているようですね。

「ふるさと旅行券晴れらんまん おかやまの旅」完売

岡山県でも同様のプレミアム付き旅行券を「ふるさと旅行券晴れらんまん おかやまの旅」と銘打って6月1日より全国で販売する事を発表。
これは国の「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を活用するもので、国からの補助金6億円+県からも支出して全国最大規模となる12億円分を用意。
伊原木知事は「他県に比べてボリュームがあり、なくなる心配は少ない」「多くの方に本県にお越し頂き、岡山の魅力を存分に体験してほしい」とコメント。

この券は7月1日より来年2月までの間の期間限定で、岡山県内の宿泊施設で利用可能。1人1泊3万円を上限に連泊や複数人での使用も可能とのことです。

確かに鳥取県のものが1億4千万円分と比べて約8.5倍以上の金額ですので、即完売ってことはないでしょうが、でも逆にいつまでも購入可能っていうのも寂しいですよね。
「旅行先としての岡山県って人気ないんだ?」なんて思っちゃいそうです。

で、いざ6月1日を迎え販売開始!
日本全国のコンビニエンスストアで午前9時に一斉販売したところ…予想以上の売れ行きのため更に2千万円分を追加したものの、約26時間後の6月2日午前10時40分に完売したそうです。
気合を入れて販売したものの、いつまでも売れ残ってるなんてことにならず良かったです♪

そして次に気になってくるのがこれによる経済効果ですよね。
12.2億円分の宿泊費用…もちろん宿泊するってことは岡山県内を観光するってことなので、交通費、温泉やレジャースポットを訪れたり、美味しい物を食べたり、お土産物を購入したりと単純に考えただけでもかなりの効果がありそうに思えます。

その結果がわかるのは来年2月以降になりますが、この券による経済効果で岡山県全体の景気が少しでも上向いてくれたら、そして岡山を旅してくれた人々が岡山県を好きになってくれて、また「岡山に来たい.ねっ♪」って思ってくれるといいですよね。

“ふるさと旅行券完売!”の続きを読む
スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/06/03 09:15

スーパーフォーミュラ第2戦:岡山国際サーキット

先日の記事(美作にレーシングスクール開校)で、プロレーシングドライバーを育成する学校『NODAレーシングアカデミー』が栃木県茂木町から美作市に移転し、開校したとお伝えしました。
記事でも触れていましたが、ドライビングやメカニックに関する授業は美作市の旧英田町エリアにある「岡山国際サーキット」で行われます。

この「岡山国際サーキット」については詳しくはまた別に機会にご紹介しようと思いますが、この度、国内最高峰の四輪レースである「スーパーフォーミュラ」の2015年度第2ラウンドが開催されました。
※「スーパーフォーミュラ」とは、前身である日本国内最高峰の四輪レース「フォーミュラニッポン」をアジアを中心にしたグローバルな展開を視野に大幅リニューアルし、名称も変更されました。

SUPER FORMULA Official Website

トップカテゴリーのレースが開かれるのは2008年のフォーミュラニッポン以来7年ぶり。
「岡山国際サーキット」は、かつて「TIサーキット英田」の名称だった時代に開催されたF1で「ミニ・モナコグランプリだ」と言われたことでわかるように、1周の距離が短くコース幅が狭いのが特徴で、追い抜きが非常に困難なサーキットなので、ここで優勝するには予選での順位が非常に大切です。

そういうわけで注目度の高い予選は5月23日(土)に行われましたが、第1戦の優勝者であるアンドレ・ロッテラー(#2 PETRONAS TEAM TOM’S)はまさかの13位に沈み、このサーキットを得意とする石浦宏明((#38 P.MU/CERUMO・INGING)がコースレコードを更新するタイムでスーパーフォーミュラ初のポールポジションを獲得。
今年からF1からスーパーフォーミュラに転身し、注目を浴びている小林可夢偉選手((#8 KYGNUS SUNOCO Team LeMans)は4位とまずまずの位置につけて、初優勝を目指してのレース運びに注目が集まります。

決勝は翌日、5月24日(日)。天気予報は二転三転としましたが、快晴となった午後3時に19台でスタートしました。

“スーパーフォーミュラ第2戦:岡山国際サーキット”の続きを読む
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/05/27 09:44

美作にレーシングスクール開校

このたび、美作市にプロのレーシングドライバーを養成する学校『NODAレーシングアカデミー』が開校しました。

『NODAレーシングアカデミー』(以下、NRA)は、レーシングドライバーの野田秀樹さんが校長を務める全寮制のレーシングスクールで、栃木県茂木町に2013年に開校。練習走行に同町内にある「ツインリンクもてぎ」のコースを利用していたのですが、コース利用に制限があったため移転を検討していたところ、打診を受けた岡山県美作市の「岡山国際サーキット」が受入れを了承、美作市も「新たな雇用や地域の活力アップも期待できる。」と同校を.支援することになりました。

NODAレーシングアカデミー 公式サイト

校舎には美作市が無償譲渡した元美作市消防本部庁舎(美作市朽木)を使用。一般科目とレーシングドライバーに必要な知識をここで学び、「岡山国際サーキット」の本コースでドライビング技術や整備技術を学びます。

NRAは、モータースポーツの世界で活躍できる品格の高い人材の育成を目的に設立された学校で、小学生、中学生、高校生などを対象にドライビングとエンジニアリングの授業にそれぞれ実技と講座を設け、すべて四輪レースを見据えたカリキュラムが組まれています。
一般科目は個別指導型教育法を導入し、小・中学生は通常の教科学習を、高校生は通信制高等学校との提携により高等学校卒業資格取得が可能。

一般科目の授業があるのは、生徒はみんなレーシングドライバーを夢見て入校するでしょうが、全員がプロドライバーに絶対なれるわけではないので、最低限の一般教養を身につけておくことが必要だということと、見事プロドライバーになれても、引退後のことを考えるとやはり高卒レベルの資格を持っていたほうが何かと有利なことからだそうです。
また、在学中に進路変更(大学進学やレーシングドライバー以外の仕事)することに決めた生徒には、それに対応できる学習カリキュラムに変更可能で、同校をやめて転校しなくても大丈夫なのは親御さんにとっても安心なのではないでしょうか。

“美作にレーシングスクール開校”の続きを読む
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/05/22 09:53

クラクル(KURACLE)始動

倉敷地域の活性化を目的としたEVカーシェアリングサービス「クラクル(KURACLE)」が今月17日からスタートしました。

この事業は倉敷地域の企業から成る任意団体「スマートシェア倶楽部・倉敷」が推進するもので、児島・鷲羽山・瀬戸大橋などの美観地区から離れた倉敷市内観光スポットへの移動手段に手軽に利用できる“足”として地元企業の三菱自動車水島工場で生産されている電気自動車(EV)を貸し出すというもの。

クラクル

車種はi-MiEV(アイ・ミーブ)でフル充電で約100kmの走行が可能。
設置場所は美観地区にある倉敷アイビー・スクエア。仮に鷲羽山ハイランドまで往復しても40kmなので、かなり寄り道をしてもバッテリーは十分に持ちそうですね。

“クラクル(KURACLE)始動”の続きを読む
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/04/23 07:17

ももたろうさん、どうするの

ド派手なピンク色のスーツに身を包んだ、“よしもと「岡山県住みます芸人」”江西あきよしさんの司会で始まる動画『ももたろうさん、どうするの』がYOUTUBEにアップされています。

江西さんの紹介の後、軽快なメロディーにのせて桃太郎のお面をかぶった男性が爽やかに「せ~んきょに行こうよ♪」と唄い、その周りを数人の男女+少女が踊っているという動画で、最後に4月12日(日)に行われる岡山県議会議員選挙が告知されるという内容です。


「ももたろうさん、どうするの」

“ももたろうさん、どうするの”の続きを読む
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/03/24 08:40
 | ホーム | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。