スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

イグサの香りに新発見

畳表に使用されているイグサの香りにはリラックス効果があるというのは以前から言われていたのですが、その香りに新しい効能があることが分かったそうです。

納豆菌だけが作ることが出来る血栓溶解酵素「ナットウキナーゼ」の発見で知られる、倉敷芸術科学大生命科学部の須見洋行教授が倉敷市の花ござ製造販売業者と共同研究した結果、イグサの香りの成分にはヒトの血栓溶解因子「t-PA」の生産量を高める効果があることを突き止めたのだそうです。

教授はこの香り成分を「イグサリュパミン」と命名し既に4月に特許を取得。共同研究に携わった花ござ製造販売業者「沖宗」では、このイグサリュパミンを配合したアロマオイルを開発し、7月にも発売する予定なのだとか。

口から摂取したり注射によって体内に取り込まなくても香りを嗅ぐだけで血栓予防に効果があるとは驚きです。
須見教授は、納豆を食べている時にそのネバネバを見て「もしかしたら納豆のネバネバ成分に血栓溶解する効果があるかも?」と着想し研究を重ねた結果、ナットウキナーゼを発見したという経緯がありますが、今回のイグサの香り成分への着目はどういう経緯だったのか興味津々ですね。

近年は畳需要がどんどん落ち込んでいて、畳関連の業者が次々と廃業しているようですが、今回の発見によってもしかしたらそれらの業者の新しい活路となるかもしれませんね。

イグサの香りに血栓予防効果 倉敷芸科大・須見教授ら確認

 イグサの香り成分にヒトのt―PA(血栓溶解因子)生産量を高める効果があることを、倉敷芸術科学大生命科学部の須見洋行教授(食品機能学)らが突き止め、6日発表した。アロマセラピー(芳香療法)などにより、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓の予防効果が期待できるという。

 須見教授は、納豆菌が作る血栓溶解酵素・ナットウキナーゼの発見で知られ、花ござ製造販売の沖宗(倉敷市茶屋町早沖)の溝手久弥取締役と共同研究。国産イグサを低温のアルコールに一定期間漬けて香り成分を抽出、体への効能を調べた。

 実験では培養したヒトの細胞に濃度を変えながら香り成分を投入し、t―PAを測定。水で2倍に希釈した場合、通常の約20倍に増えた。さらに血液細胞の一種、血小板の凝集反応を調べたところ、血小板の凝固を促すコラーゲンなどの働きを阻害し、血が固まりにくくなることを確認した。

 須見教授らは、イグサの香り成分を「イグサリュパミン」と命名し、4月に特許を取得。沖宗はイグサリュパミンを配合したアロマオイルを開発しており、7月にも販売する方針。

 須見教授は「イグサの癒やし効果は古くから指摘されてきたが、血液をさらさらにするなど健康に良いことも裏付けられた」、溝手取締役は「さまざまな臨床データを集め、イグサリュパミンの用途開発を進めたい」としている。

山陽新聞 イグサの香りに血栓予防効果 倉敷芸科大・須見教授ら確認(2014/06/06)

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/06/06 23:43
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。