スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

自分でリフォーム!

中古物件の中には普通なら到底家など購入できないような格安物件もあったりしますよね。特に土地価格の低い田舎の中古物件の中には超格安な物件もあったりするものですが、それだけ安いってことはいくら田舎の中古物件とは言えど建物状態は最悪レベルに近いことを想定しなくてはならないでしょう。

そういった物件は建物は解体して再建築したほうがいいようなものもありますが、価格の割には建物の傷み具合がマシなものもあります。
でもマシとは言えどそのままで住めるようなレベルではありませんので、リフォームをしなくてはいけません。

そこで問題となるのがリフォーム費用がどれだけかかるのか?ということ。
いくら格安で購入出来ても、業者さんにリフォーム費用の見積もりをして貰ったら、物件購入費+リフォーム費用が新築を建てるのと大して変わらないというのでは、安い家を購入した意味がありませんよね。

その格安物件を購入する理由が、価格では無くて魅力的な建物だったからその家の魅力を活かしたリフォームをして…ということなら費用がかさんでしまっても納得がいくのでしょうが、格安だからっていう理由だったならリフォーム費用も出来るだけ抑えたいものです。

業者さんに見積もりをしてもらった結果、予算オーバーしてしまったら、その物件の購入は諦めるしかないのでしょうか?

もしも貴方に時間とヤル気があるのならば、自分の手で家をリフォームすれば費用は材料費だけで済みます。
業者さんの見積もり費用には材料費だけでなく人件費も含まれているわけですが、規模の大きなリフォームになれば作業にかかる日数も多くなり、それだけで結構な金額になってしまうものです。
自分でリフォームをすれば、その人件費を削ることが出来るわけですね。

「本職ならともかく素人が家をリフォームなんてできるわけないし、やったところでロクなことにならない」と思われますか?
確かに本職じゃないと難しいところもありますが、壁塗り・床板やクロスや壁紙の貼り替え・日曜大工レベルでも可能な簡単な大工仕事など、自分のレベルに合わせて出来る箇所は少なからずあると思います。

今はインターネット全盛の時代です。リフォームについての知識も書店に行って専門書を購入せずとも探し出すことが可能です。
全部は無理でも出来る範囲内は自分でリフォームをすれば、費用を抑えることが出来るだけじゃなく、家への愛着も違ってくることでしょう。

安い家を購入してほとんどを購入者本人でリフォームを手掛けたという動画がありました。
動画の投稿者さんはバイクなどの修理をするのが趣味な方のようで、そういった動画を複数投稿されているんですが、日曜大工を含めた建物関連の動画投稿はこれ一本だけなことから、動画タイトルにあるように家のリフォームは素人な方なのでしょう。


素人の俺が195万円で家を購入してリフォームしてみた

本当に素人?!って思っちゃうくらいの素晴らしいリフォームですよねっ♪
195万円で購入した家ですが、リフォーム費用255万円でかなり素敵な家に変身しちゃいました。

この方のように出来れば完璧ですけど、誰でもできるっていうレベルじゃないのは確か。
でも素人でもしっかりとした知識を持って(←ここ大事です)、時間とヤル気さえあればある程度のリフォームなら出来る!と思わせてくれる動画でしたね。

スポンサーサイト
不動産豆知識 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/06/22 23:54
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。