スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

僕らは森で生きている。森の恵みに囲まれて

三浦しをん原作・矢口史靖監督作品『WOOD JOB!(ウッジョブ)~神去なあなあ日常~』が公開されました。この映画は扱っている題材が林業という、普通の人はあまり興味をそそられない地味なモノ(?)だったことがあったせいでしょうか、観客動員の面ではイマイチ伸び悩んで早々と上映終了してしまったところもあるようで、ちょっと残念。

しかしながら、映画を観てきた人の評価は概ね好評で、この映画の影響で林業や山里での暮らしに興味を持たれた方も少なくないようですね。
ただ、いくら映画を観て林業や山里での暮らしをして観たいと思っても、現在の仕事や生活を捨ててまで山里に移住するということは、かなり勇気が必要なことですよね。

そんな方々に朗報!
映画で観た山里や林業の一部に触れることが出来るイベントが西粟倉村で企画されています。

「僕らは森で生きている。森の恵みに囲まれて」7/19(土)・20(日)

地域の大部分が森林という岡山県英田郡西粟倉村。
その土地で暮らしてきた人達が、都会のような豊かなモノがない世界で暮らすということはどんな感じなのか?森には何があるのか?
豊かな暮らしと引き換えに失くしてしまった物を感じ取って欲しいという想いから企画されたイベントなんだそうです。

このイベントで体験できる内容は、

「お散歩体験会」親子で楽しむ森の散歩体験。

「わくわく蝶査隊(ちょうさたい)」専門家と一緒に粟倉の蝶を中心とした生き物達を探します。

「ヒメボタル観賞」森の中で瞬くヒメボタルの観賞会
※ヒメボタルは西粟倉村の中でもきれいな森に7月に中旬頃に観られる珍しいホタルです。

「天体観測」小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還したときの様子を撮影することに成功したことで有名になった、西粟倉村出身の天文学者・尾久土(おきゅうど)教授の案内で天体観測が出来ます。

「リレートーク」西粟倉村で暮らす山主や大工・木工職人、そして「里山資本主義」の著者・藻谷浩介などによる、今までとこれからの山里についてのトークショー。

「箱メガネづくり」川の中を観察する「水中メガネ」=「箱メガネ」を制作します。
「森の楽器を作ろう!」木を使って楽しい楽器を作ります。

「森とDIY」西粟倉の間伐材を使ったモバイルハウス「動く小屋」を参加者みんなで作ります。

「ヒノキ染めワークショップ」ヒノキの樹皮を使って、ハンカチなどを染めます。

飲食ブースでは、無農薬や減農薬で育てた食材や農産加工品、手作りコロッケ、おこわの販売、多彩な日本酒を味わえる出張日本酒バーといったフードエリアが開設されるそうですよ。

入場料は無料ですが、各ワークショップや有料のイベントがありますのでご注意ください。
また、宿泊をされる方はイベント会場である大茅キャンプ場にてオートキャンプかテントを張っての宿泊で、こちらはキャンプ費用は発生しますので、公式サイトをよく確認してくださいね。

僕らは森で生きている。森の恵みに囲まれて

スポンサーサイト
イベント情報 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/07/13 23:27
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。