スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

クールベジでクールダウン

クールベシ当初はエルニーニョ現象の影響で冷夏になりそうと予想されていた今年の夏。
ところがエルニーニョ現象が予想とは違って秋頃にずれ込みそうということで、やっぱり今年も暑い夏になってしまいそう。

冷夏となると日照不足などで農作物への悪影響が懸念されますが、ここ数年毎年のように最高気温を更新する夏にゲンナリしてたので、少しでも過ごしやすくなってくれるんなら助かるなぁ~なんて思っていたので、正直ガッカリです(苦笑)。

昨日のニュースでは、岡山県内で小学校の体育の授業で児童が数名の児童が熱中症で倒れたそうです。
今年の夏も暑さ対策・熱中症対策が必要ですね。

そういうわけで今回は旬の夏野菜を美味しく食べることで出来る、体内からの暑さ対策についてです。

『クールベジタブル』略して『クールベジ』という言葉は聞かれた事があるでしょうか?
クールベジとは、体を冷やしてくれる効果のある野菜のことで、これらを食べることで体内から涼しくなりましょうということなんですね。

クールベジの特徴に、カリウムを豊富に含んでいる・水分が多い・生食に向いているということがあります。
カリウムには利尿作用があります。体内の水分を尿として排出することで体内にこもった熱も放出して体温を下げることが出来るわけです。
また、カリウムは水に溶けやすく熱によって失われやすいという性質がありますので、加熱処理が必要ではないサラダなどの生食が出来る野菜。
これらのカリウムを中心とした特徴のある野菜のことがクールベジです。

クールベジに該当する野菜には、ゴーヤ・トマト・キューリ・ナスなどの夏野菜があります。
暑い夏場が一番美味しい旬の夏野菜を食べて体内をクールダウンしようというわけですね。



ではそれらのクールベジをどういう具合に食べたらより効果的なんでしょうか?
クールベジによってクールダウンするとともに、夏バテを防止できる食材も摂取するのがいいですよね。

夏バテ予防に特に大切な栄養素として疲労回復に有効なビタミンB1があります。
ビタミンB1は糖質をエネルギーに変えてくれる効果があるのですが、このビタミンB1が不足すると糖質が上手くエネルギーになることが出来ずに疲労物質である乳酸がたまってしまいます。
そして気温が高くなると体内で消費されるビタミンB1の量が三倍になりますので、夏場にはビタミンB1をたくさん採る必要があります。
ビタミンB1 を多く含む食材には、ウナギ・ゴマ・大豆・玄米・カツオ・豚肉などがあります。

そしてこのビタミンB1を吸収しやすくしてくれるのがアリシンという物質で、ニンニク・ネギ・ニラなどに多く含まれています。

なるほど、以上の食材にエネルギーの元となる糖質=炭水化物を組み合わせたら昔から夏バテ予防に好んで食べられていたメニューが浮かんできますよね。
昔の人達は経験からこれらの夏バテ予防に適した食材を上手に食事に取り入れていたんですねぇ。

スポンサーサイト
野菜・果物・山野草 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/07/17 23:14
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。