スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

岡山名産・備中手延麺

毎日暑い日が続きますね。しっかりと肉類などを食べてスタミナをつけたいところですが、食欲がわかない時にはよく冷えたそうめんが最高のごちそうですよね♪
そうめんだけだと栄養バランスの面で不安ですので、他の付け合わせと一緒に食べるようにしましょう。

いくらツルツルと食べやすいからといって、そうめんばっかりを山盛り食べると炭水化物の過剰摂取となり、食後に体がだるくなります。これは血糖値の急な変化のために起こるものなんですね。
冷たい物に偏りがちな夏の食事で不足しやすい栄養素であるたんぱく質を含む肉・魚・豆類、腸の調子を整える食物繊維も旬の夏野菜で美味しく補給。

豚肉・ナッツ・玄米などには摂取した炭水化物をエネルギーに変えてくれる働きをするビタミンB1が多く含まれていますし、乳製品や卵や納豆とか緑色の濃い野菜にはビタミンB2が含まれていて、炭水化物でえたエネルギーをうまく使うサポートをしてくれますので、これらをうまく組み合わせたメニューにすればバッチリですね。

ところで、岡山県の名産品に備中手延麺(びっちゅうてのべめん)があります。
これは旧備中国の浅口市鴨方町及びその周辺で手延方式で製造されているうどん・そうめん・ひやむぎのことを言います。

備中手延麺は広く岡山県下で食べられていて、『かも川』の商標で有名です。
岡山県内ならどこでも普通にスーパーで販売されていて、岡山県民にはすごく身近なものなのですが、土産物や贈り物としてもよく使われています。

特に「備中うどん」と「備中そうめん」の人気が高く、手延べうどんの生産量で全国1位、手延べそうめんの生産量では全国5位なんだそうです。

これほどに岡山県民に愛されている備中手延麺ですが、岡山県内に多くある飲食店舗ではほとんど使われることは無く、それぞれのお店のオリジナルや讃岐風の麺が使われていますが、その理由は製造方法にあります。
備中うどんは製造にかなりの長時間が必要なこと(乾麺で約36時間!)、特殊な製造装置と広い場所を必要とするために、飲食店で自家製麺する事がほぼ不可能なんですね。

備中うどんは香川県の讃岐うどんと比べて麺が細めで少し平べったい形状をしており、食感は柔らかめで弾力があり、若干モチモチッとしていますが、それでいてほど良いコシがありスルッとしたノド越しで食べやすいですね。
麺が太く硬質な弾力と力強いコシを持つ「讃岐の男うどん」、前述の特徴を持つ「備中の女うどん」と言われることもあります。

そうめんは「備中そうめん」という名称よりも「備中鴨方そうめん」「鴨方そうめん」あるいは「かも川そうめん」などの名称が愛着があります。

この「鴨方」というのは現在の浅口市鴨方町を指しており、「かも川」と言うのは浅口市北部にそびえる遙照山から流れる「鴨川」のことで、この川の水が製麺に適しているということで昔から使用されていたんだそうです。

余談ですが、そうめんとひやむぎの違いはご存知ですか?

断面が角状(幅0.7mm以上1.2mm未満、厚さ約1mm)丸状のもの(直径0.8mm以上1.3mm未満)なのがそうめん。
対してひやむぎは、断面が角状(幅1.2mm~1.7mm未満、厚さ約1.0mm~1.3mm未満)丸状のもの(直径1.3mm~1.7mm未満)の薄くて平たい麺と定められているそうです。

スポンサーサイト
特産品 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/07/30 23:43
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。