スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

美作にレーシングスクール開校

このたび、美作市にプロのレーシングドライバーを養成する学校『NODAレーシングアカデミー』が開校しました。

『NODAレーシングアカデミー』(以下、NRA)は、レーシングドライバーの野田秀樹さんが校長を務める全寮制のレーシングスクールで、栃木県茂木町に2013年に開校。練習走行に同町内にある「ツインリンクもてぎ」のコースを利用していたのですが、コース利用に制限があったため移転を検討していたところ、打診を受けた岡山県美作市の「岡山国際サーキット」が受入れを了承、美作市も「新たな雇用や地域の活力アップも期待できる。」と同校を.支援することになりました。

NODAレーシングアカデミー 公式サイト

校舎には美作市が無償譲渡した元美作市消防本部庁舎(美作市朽木)を使用。一般科目とレーシングドライバーに必要な知識をここで学び、「岡山国際サーキット」の本コースでドライビング技術や整備技術を学びます。

NRAは、モータースポーツの世界で活躍できる品格の高い人材の育成を目的に設立された学校で、小学生、中学生、高校生などを対象にドライビングとエンジニアリングの授業にそれぞれ実技と講座を設け、すべて四輪レースを見据えたカリキュラムが組まれています。
一般科目は個別指導型教育法を導入し、小・中学生は通常の教科学習を、高校生は通信制高等学校との提携により高等学校卒業資格取得が可能。

一般科目の授業があるのは、生徒はみんなレーシングドライバーを夢見て入校するでしょうが、全員がプロドライバーに絶対なれるわけではないので、最低限の一般教養を身につけておくことが必要だということと、見事プロドライバーになれても、引退後のことを考えるとやはり高卒レベルの資格を持っていたほうが何かと有利なことからだそうです。
また、在学中に進路変更(大学進学やレーシングドライバー以外の仕事)することに決めた生徒には、それに対応できる学習カリキュラムに変更可能で、同校をやめて転校しなくても大丈夫なのは親御さんにとっても安心なのではないでしょうか。

NRAに入学したい生徒さんは大半がプロのレーシングドライバーになり、将来は四輪レースの頂点であるF1での活躍を夢見ていることと思いますが、何事でも人には向き不向きがありますよね。
この学校で学ぶ内にレーシングドライバー以外の道を歩もうと進路変更を決意する事もあると思います。この学校ではレーシングドライバー以外の仕事のスキルも得ることができますので、この学校でなれる職種をご紹介します。

■レーシングドライバー
■レーシングチーム各ポジション
 (エンジニア、デザイナー、メカニック、マネージャー等)
■海外留学専門カーデザイナー
その他、大学進学や一般就職などもサポート。卒業後も希望者にはNRAのマネージメントにてレース活動を行う事も可能です。

ドライバー部門の講師には、IRLインディカー・シリーズで活躍したロジャー安川氏、SUPER GT・GT300クラスで優勝含むシリーズ2位の経験がある加藤寛規氏、GT300クラスのドライバーズチャンピオン経験やGT500鈴鹿700kmレースでポール・トゥ・ウィンを飾った石浦宏明氏。
エンジニア部門では、今年から小林可夢偉選手も所属するチームルマンの代表・土沼広芳氏、元トヨタレーシングデベロップメントエンジニアデザイナーの河野康氏が講師を担当。
その他の各部門でもそれぞれ第一線で活躍する講師が名前を連ねられています。

NRAは開校して2年ですが、2015年から新たに開始される「FIA-F4シリーズ」に3名が、スーパー耐久シリーズに1名がそれぞれデビュー。更に2名の生徒がスーパーFJシリーズにデビューを予定しているそうですよ。

欧米と比べて日本ではモーターレーシングの認知度は文化の違いのせいか、まだまだ足りていないと思いますが、それでもF1で故・アイルトンセナ選手が活躍していた時代は中島悟選手や鈴木亜久里選手や片山右京選手が日本人F1ドライバーとして活躍してモータースポーツも現在よりは注目を浴びていたと思います。

近年では突然の降ってわいたF1デビュー戦でシリーズトップのポイントを稼いでいるジェンソンバトン選手を18周にわたって抑え込み、一時は3位まで順位を上げる活躍、二戦目ではチームメイトを上回る6位で入賞し一躍注目を浴び、翌年からはその実力に惚れこんだザウバーと完全に実力だけでレギュラードライバー契約を得た小林可夢偉選手が活躍をして日本のモータースポーツ界を盛り上げてくれてはいたのですが、残念なことに今年はF1に参戦している日本人ドライバーはいません。

一方で日本国内最高峰の四輪レース・スーパーフォーミュラは正直、観客動員ではまだまだ盛り上がっているとは言えない状態のようです。

日本のようにモータースポーツが根付いているとは言えない国でモータースポーツを盛り上げるにはやっぱり実力と人気を兼ね備えたスター選手が必要だと思います。

時日本のモータースポーツを牽引するスター選手が、この『NODAレーシングアカデミー』の卒業生からそういった選手が出てくれると嬉しいですね!期待しています♪

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2015/05/22 09:53
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。