スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

奇跡の子牛 元気くん

台風6号この時期としては観測史上最大規模とも言われる「台風6号」が西日本に接近中です。本日7月19日午後4時現在の岡山の様子はと言うと、若干風が強く雲の流れが速いのが見て取れますが、雨はパラパラと降ったり止んだりといった状態です。

台風6号は太平洋を四国めがけて一直線に北上中で、高知県・愛媛県・徳島県の一部が暴風域に入っているようで、岡山県でも今夜から明日の朝にかけて降水確率80~90%の暴風雨の予報が出ています。
ただ、四国山脈にぶつかった台風は進路を東へ変えるとも予想されていて、中国地方に上陸はしなさそうです。
とは言うもののこの台風6号は非常に勢力が強く、直接上陸はなくても岡山県でも土砂災害や水害には警戒をしたほうが良さそうです。


ところで、「岡山県と自然災害」でも少し紹介していますが、平成10年10月の台風10号は岡山県にも多大な被害を及ぼしています。

この台風は予想をはるかに上回る規模で、水害対策に行われていた河川の護岸改修や排水路の整備をせせら笑うかのように堤防を乗り越え、県内の多くの河川を氾濫させました。津山市でも溢れた水が道路や田畑を飲み込んで民家や学校などの施設にまで押し寄せ、3026戸の家屋が被災しています。
津山市のある牧場では、20数頭の子牛達が増水した吉井川の濁流に飲み込まれて、なんと瀬戸内海まで流されてしまいました。その子牛達の1頭が運良く瀬戸内海の黄島という小島に流れ着き生還する事ができ、牧場の厚意により勝央町の「おかやまファーマーズ・マーケット ノースビレッジ」に寄贈されました。
この子牛は全国から愛称を募集し“元気くん”と命名、奇跡の子牛として「ノースビレッジ」のアイドルとして可愛がられ、現在は立派な雄牛に成長しているそうですが、この度この「元気くん」に関するニュースがありました。


「元気くんロボ」よろしく 勝央・Nビレッジ
 13年前の台風の洪水で津山市から瀬戸内海まで流されながらも助かり、奇跡の牛として親しまれている「元気くん」をモデルに作られたロボットが17日、勝央町岡のおかやまファーマーズマーケット・ノースヴィレッジでお披露目された。本物の元気くんとの対面もあり、訪れた子どもたちを喜ばせた。
 ロボットの元気くんは実物より一回り小さい体長約1・5メートル、高さ約1・3メートル、重さ約40キロ。同町が「施設の新しい目玉に」と昨夏、津山高専(津山市沼)に依頼し、2008年の全国高専ロボットコンテスト優勝メンバーら学生15人が約1年かけて製作した。
 披露式があり、西田孝町長が「子どもたちが科学に興味を持つきっかけになれば。実物と同じようにかわいがって」とあいさつし、同校の稲葉英男校長らと8人で除幕。学生がリモコンで操作すると「モォー」と鳴きながら首や耳を動かして歩きだし、リアルな動きに入園者から歓声が上がった。
 同ヴィレッジで飼育されている本物の元気くんも登場し、“分身”と対面。一緒に並んだ姿を観光客らが盛んにカメラに収めていた。
 ロボットは同ヴィレッジに置かれ、イベントなどに活用される。

「山陽新聞」 「元気くんロボ」よろしく 勝央・Nビレッジ(2011/07/18)


元気くんと元気くんロボ“施設の新しい目玉に”なぜ“元気くんロボ”なのかはわかりませんけど、ちょっと興味を引かれるニュースですね。

「おかやまファーマーズ・マーケット ノースビレッジ」は、交流体験型農業公園です。
広々とした公園内に「いちご狩り」「アイスクリーム・バタークラフト体験」「パン作り」などの体験施設や、「ふれあい動物園」「アスレチックフィールド」「広い芝生」などのプレイフィールド、「レストラン」「バーベキュー」「軽食」などの飲食施設、地域の農産物や特産品などの販売施設などもある他、ログハウス調の宿泊施設もあります。

近々フォトレポートで紹介してみたいと思いますのでお楽しみに♪

「おかやまファーマーズ・マーケット ノースビレッジ」
blogサイト「岡山ファーマーズマーケットノースビレッジ 最新情報」

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/07/19 18:02
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。