スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

田んぼのガードマン

案山子のいる風景稲穂が育ち、こうべを垂れているものもぼちぼちと見かけるようになりました。
農家の人が精魂込めて育てたお米です。収穫前に鳥被害に合わないようにしないといけません。せっかく汗水たらしてここまで育てたお米を荒らされてはたまったものではありません。
農家では昔から工夫して鳥対策をしてきましたが、その代表といえば“田舎”で連想されるもののひとつ“案山子(かかし)”ですね。

ちょっと“案山子”を辞書で調べてみました。

竹やわらで作った人形。蓑(みの)や笠をつけて田畑に立て、人に見せかけて鳥などが作物を荒らすのを防ぐ。もと、鳥獣がその臭気を嫌って近づかぬよう、獣肉や毛髪などを焼いて竹などに付け立てたもの。「かがせるもの」の意で、「かがし(かがせ)」といったところからいう。おどし。かがせ。《季 秋》「倒れたる―の顔の上に天/三鬼」

へ~。
元々は人の格好をしたものではなく、鳥が嫌う臭いを“かがせ”るものだったんですね。
それが何で現在は、臭いを発するものを使わなくなったんでしょう。あまり効果がなかったから?人間にとっても堪らなくクサいのでヤメた?

肥料袋をつかって作られたカカシ案山子のルーツと語源がわかったのはいいですが、ではなぜに漢字では“嗅がし”ではなく“案山子”と書くんでしょうか?

“案山子”は中国から日本に入ってきた言葉で、中国では山中の平坦な所を「案山」というのだそうです。
そして「子」は人や人形を表しています。
中国宋代の禅書「景得伝灯録」に「僧曰、不会、師曰、面前案山子、也不会」とあって、これにならい“かかし”の当て字に“案山子”が使われるようになったと考えられているそうです。


さて、最近は従来の人の形をかたどったものの他にもいろいろとあります。

鳥脅しのひとつ目玉風船、目玉フラッグ、キラキラ光を反射するテープ、大きな爆発音を出す機械などがメジャーな物です。
反射テープと目玉フラッグの両方の効果を狙った音楽CDの吊り下げや鳥の姿をした人形を吊り下げるところもあるようでです。

写真のように丸の中に人の凶悪な顔を書いたものを吊り下げているところも。


ところでネットで調べていたら変わりダネを発見しました。

こ、これは、鳥どころか人間でもビビる仕掛けをしている田んぼがあります!
「むっぷんテリーたん」テリヤキ便さんのブログ

スポンサーサイト
農業 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/09/05 16:54
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。