スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

県が堅果類の豊凶調査

県が堅果類の豊凶調査「堅果類」とは果実の種類を分類するひとつで、栗・胡桃・ドングリなどのように、果実が硬い殻に覆われているもののことを指します。横文字で言うと“ナッツ”ですね。
岡山県は今年初めて県北地域で、堅果類のブナ・ミズナラ・コナラの豊凶調査を行ったそうです。

なぜにこのような調査を行ったかと言いますと、秋が深まると冬眠に向けて熊が山のドングリなどを大量に食べるのですが、山の木の実が不作だと餌を求めて人里に現れるからなんです。
そこで熊の餌となる山の堅果類の実り具合を調べ、熊が人里にまで降りてくる可能性が高ければ注意を喚起するのが目的です。

岡山県下で熊が出没する可能性があるのは中国山地にあたる津山北部・勝英地域の山裾集落で、特に雑木の茂る山林がすぐ近くにある家などは注意が必要です。
「何か物音が聞こえるので外を観たら柿の樹に熊が登って柿を食べていた」なんて話も聞きます。

熊も基本的には人間を警戒するので、人の気配(話し声や聞き慣れない音など)があれば身を潜めているんですが、両者にとって運悪くバッタリと出くわすこともあります。
熊も人間を恐れているので逃げ出してくれればいいんですが、身を守るために立ち向かってくることもあるので大変危険です。

遠くに熊を見つけたら速やかにその場を移動して安全な建物などに退避しましょう。
もしも運悪く至近距離で出会ってしまった場合ですが、
・じっとしてヘタに動かない。慌てて背中を見せて走って逃げようとしないこと。
・キョロキョロしたりせず、熊から目を離さないこと。
・大きな声を出す
・子熊が一緒にいたら、親熊だけを見つめて子熊に興味が無いそぶりをすること。
・熊はヘビが苦手なので細くてうねるものを嫌います。
ロープやベルトなどがあれば、手に持ってヘビのように揺らしてみましょう。
(熊に投げつけて助かった例もあるようです。)
・柴などを風切り音がするように振りまわす
・熊は引きずるものを飛び越えてこない習性があるようなので、柴などを引きずりながら静かに離れていく。

熊はこちら側が弱いと判断したら襲ってくる可能性がありますので、ヘタにビクビクしないことが大事です。
間違っても背中を見せて逃げないこと。熊は人間よりも足が速いので、走って逃げても簡単に追いついてしまいます。木に登るのもダメです。熊は木のぼり上手なので、逆に逃げ道を失ってしまいます。

もしも襲いかかられた場合…最後の手段…覚悟を決めて戦うしかありません(苦笑)。
殴る蹴るでは普通の人間には勝ち目がありません。熊が噛みつこうと口を開けたら手に持っている物をノドめがけて口の中に突っ込んでみてください。ナイフやナタ等の武器になるものがいいんですが、無ければ木の枝などでもいいです。

※以上の熊に出会った時の対策は“こうすれば必ず逃げられる”と保障をするものではありません。できるだけ落ち着いてその場の状況を冷静に判断して行動してください。

そもそもが、熊に出会わないことが一番です。熊が出没するのは晩秋から初冬。
この時期は山裾や山の中で行動するときは鈴やラジオなどの音で人間がいるぞと知らせること。熊の出没しやすい時間帯(早朝・夕方)は行動を避けるなど、未然に防ぐ対処が大切ですね。


ツキノワグマ:「里山出没は減少」 餌の豊作で県予想--今秋 /岡山

熊の食糧 ドングリ 県はツキノワグマの出没を予測するため県北地域で行った堅果類のブナ、ミズナラ、コナラの豊凶調査の結果をまとめた。餌となるブナは豊作でミズナラとコナラは並作、今秋の出没は昨年と比べて少ないと予想している。県自然環境課は「秋から12月上旬にかけて、冬眠に備え食べ物を求めて里山などへ出没する可能性は高い」として注意を呼びかけている。
 県が堅果類の豊凶調査に取り組むのは今回が初めて。ツキノワグマの生息地で出没情報が多い津山、勝英両地域のブナ3地点、ミズナラ6地点、コナラ26地点の計35地点で調査。各地点ごとに10本の供試木を選定して、専門調査員が目視で調べた。ツキノワグマの出没は15日現在で36頭、うち5頭を捕獲した。
 県自然環境課は「山に入る際には鈴を鳴らしたり、ラジオをかけるなど音を出して人間の存在を知らせる。また新しい足跡を見つけたら速やかに引き返す。クマは早朝や夕方の薄暗い時間帯に活動する」と話している。

「毎日新聞」 ツキノワグマ:「里山出没は減少」 餌の豊作で県予想--今秋 /岡山(2011/09/28)

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/09/29 19:22
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。