スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ヤギと暮らす

ヤギと暮らす田舎暮らしを始めるにあたって、今まで飼っていなかったペットを飼おうかと考える方、または現在飼っているペットを田舎の広い場所で伸び伸びと遊ばせてあげたいと考えられている方など、田舎で動物と暮らす生活を夢見ている人は多いと思います。

犬や猫などもモチロンいいのですけど、どうせなら都会では飼育が困難な動物をしてみませんか?

とは言ってみたものの、相手は生き物ですので何でもいいってわけにはいかないでしょう。
飼う以上はちゃんと世話をしてあげなくてはいけませんし、大型の動物ですと餌代もバカになりません。いきなり馬とか牛とかはハードルが高いですよね。

そこでオススメするのがヤギです。

牛などの家畜に押されて一時期は家畜として飼われることが少なくなったものの、最近になってまた少しずつ人気を取り戻してきている動物です。
大人しい動物で人懐っこいのも魅力の一つなんですが、昔家畜として飼われていたことからも分かるように結構暮らしに役立ってくれます。

傾斜面で草を食むヤギたち田舎暮らしを始めてみて気が付くことのひとつに、都会では気にしていなかった雑草の伸びる速さがあると思います。春から夏場は特にいくら草刈りをしてもスグに伸びてちょっと大変ですね。
ヤギがいれば、雑草の伸びたところに置いておくと勝手に草を食べてくれます。草刈りの重労働から解放されますし、雑草がヤギの餌になっているので餌代も浮きますよ。
また、ヤギの糞を肥料として畑や家庭菜園に使用する事も出来ます。

雌ヤギならばミルクもいただけます。
ヤギのミルクは牛乳にアレルギーのある人でもアレルギーを起こしにくいといったメリットもあります。
料理の得意な方なら、ヤギのミルクを使っていろいろなスイーツ作りを愉しむのもいいですね。

ヤギは高い所や乾いたところを好むそうです。
飼育する小屋を造るならば、床にスノコを引くとか床に少し傾斜をつけて排水に気をつけてあげるといいですね。
陽当たりや風邪通しの良さにも気を配ってあげましょう。
ヤギの寝床にワラなどを敷いて毎朝交換してあげるといいでしょう。取り除いた糞尿の混じったワラは集めておいて一定量が溜まったら枯葉・米ヌカなどと水を混ぜて堆肥を作るといいですよ。

高い所を好むのでヤギを遊ばせる場所には傾斜があるといいようです。
ネット上で検索をかけてみると、崖の上や木に登っているヤギの画像を見つけることができますよ。
まるでロッククライマーみたいな写真もあったりするので「えええ~?!」と驚くことでしょう(笑)。

ところでヤギは紙を食べるイメージがあると思います。
実際にヤギは紙を食べて、消化してエネルギーに変えることが出来るんですが、現代社会に出まわっている紙はあまり食べさせないようにしてください。
昔の紙は純粋
な植物原料で作られていたので、問題無く消化できていたのですが、現在の紙には漂白剤・機械油・顔料・科学薬品などが含まれていて、ビニールコーティングされたものもあります。そういった天然素材以外のものが含まれている紙を食べさせると、消化することができずに腸閉塞を起こす恐れがあります。
逆に、パンや豆類などの非常に簡単に消化できるものを大量に与えると、体内で異常発行を起こしていまい、最悪の場合は死にいたる場合もあります。
ヤギに限ったことではありませんが、与える餌は適切なものをあげるようにしてください。

スポンサーサイト
田舎暮らしと生き物達 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/10/30 14:29
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。