スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

津山弁講座 「じゃ」「が」

日本全国各地その土地ごとに独特の方言がありますね。同じ県内でも各市町村で微妙に違ってきたりもします。岡山県で例えると、標準語で「~しなさい」が、県北部では「~しんちゃい」、県南部では「~せられぇ」となり、更に「~しねぇ」という地域もあります。
これが「早くしなさい」だと、県北部では「早うしんちゃい」、県南部で「早うせられぇ」、一部地域ではなんと「早うしねぇ」となってしまいます!知らない人が聞いたら「早く死ね」って言われたと恐ろしい勘違いをしてしまう可能性大です!もしかしたらとんでもないトラブルに発展するやもしれません(苦笑)
そんな勘違いを防止するために(笑)、津山弁を中心に書いてみたいと思います。

まずは津山弁の基礎から。
他県から来られた方がベタな津山弁を聞いて一番に持つ印象は、「ジャー」とか「ガー」とか語尾が濁音なせいか、言葉が強い言い回しに感じられることではないでしょうか。まずはこの辺に慣れないと、気の弱い方は「恐い人ばかりだ」と想われてしまうかもしれません。確かに若干は本当に怖い人もいるでしょうけど、津山の人は暖かく思いやりのある方が大半ですのでご安心ください。


「じゃ」の使い方
「じゃ」は津山弁を代表する言葉です。難しくないのですぐにマスターできると想います。

「~じゃ」 「~です・~だ」

「~じゃが」 「が」にアクセントがある場合は「~だぞ」、アクセントがない場合は「~だよ」
         疑問形の場合は「~だけど?」または「~だよね?」
 例)「トラは英語でタイガーじゃが?ヒョウはなんて言うんじゃ?」「ジャガーじゃが」

「~じゃけん」 「~だから」、「じゃけん」と言いきる場合は「じゃ」の強調語。
         後に言葉が続く場合は単なる接続語です
 例)「お前器用じゃけんコレしてみて?俺には無理じゃけん」「じゃけんお前には無理言うたろうが」

「~じゃし」 「~だし」
 例)「吉備津神社って倉敷市?」「違う、総社市じゃし」

「~じゃろう・じゃろ」 「~ですよね」、「~じゃろう?・じゃろ?」疑問形だと「~ではないですか?」
            「じゃろう?・じゃろ」単体で使えば同意を求める言葉「そうでしょう?」になる
 例)「お前、天才じゃろう?」「じゃろ?自分でもそうじゃろうと思っとったわ」

「じゃあ」 「そう・そのとおり」
      標準語の「じゃあ=それでは」の場合もあるので、話の流れで感じ取ってください

「じゃあじゃあ」 「そうそう」
 例)「あのコ可愛いな?」「じゃあ」「じゃあナンパする?でもそんな度胸ないよな」「じゃあじゃあ」


「が」の使い方

「が」はアクセントの置き方や「がぁ」と伸ばした場合などでニュアンスが変わることがあります。
また「が」の前に来るのは動詞・感嘆詞などで、名詞や形容詞だと「じゃが」となります。

「~が」 「~よ」、「がな」だと強調語になる

「~が?」 「~けど?」、或いは「~でしょ?」
 例)「これを買えばすべて解決するが」「でも高いが?よう買わんが」「金なら貸しちゃるがな」

「(動詞+ょうる)が」 「言われなくても(動詞:進行形・ing)じゃないか」、「がな」になると強調語
例)「走りょうるが」=「走ってるじゃないか」、「しょうるが」=「しているじゃないか」
例)「走りょうるがな」=「走ってるじゃないかよ」

「(動詞+ょうる)が?」 疑問形だと「(動詞:進行形・ing)けどなにか?」
或いは状況説明「(動詞:進行形・ing)でしょ?」
例)「アンタ先月からダイエットしょうるが?ちゃんと三食食べんといけんで?」「食べょうるが」
 

「がん」「がん?」と言うこともありますが、同じ意味合いです。「が」「がな」よりも柔らかい印象になるので特に女性が好んで使うようですね。

スポンサーサイト
津山弁講座 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/04/03 15:36
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。