スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

小ネタ【うそ鳥大明神】

絵馬というと神社などで願い事を書いたものを吊るして願掛けをするものですが、まぁこの写真を見てください。

小ネタ【うそ鳥大明神】

「宝くじがはずれますように」
「家庭がバラバラになりますように」
「成績でオール5が欲しくない」
などなど書かれています(笑)

この絵馬は岡山県久米郡美咲町の三休公園内にある『うそ鳥大明神』のものです。
三休公園には“うそ鳥”がやってくるんですが、害虫を食べてくれる一方で桜の芽や実も食べてしまうんだそうです。でも“虫は食べていいけど芽や実は食べないでほしい”というのは人間の都合であって、うそ鳥にとっては知ったこっちゃないわけです。

良い面も悪い面もあるなら、悪い面には目を閉じて上手に共存しましょう。
“うそ鳥”だけに悪い面は“嘘”にしてしまえばいいんじゃない?ということで、この『うそ鳥大明神』が設けられたんだそうです。

うそ鳥大明神 全景

石碑の上のうそ鳥が可愛いです

素晴らしい考え方ですね。
人間関係でも、相手の悪い面は目に付きやすく良い面は見逃してしまいがちですが、悪い面ばかり見て相手を非難したり毛嫌いするよりも、お互いの良い面に注目しあって仲良くやっていくほうがハッピーですよね。
世界中のみんながこういう考え方をしたら、世界はきっと素晴らしいものになるでしょう。

まぁ、それはそれとして。
つまりここに下げられている絵馬には、願い事とは逆の事を書いて願掛けして、その嘘の願いをうそ鳥大明神に食べてもらうことで、願いがかなう!というお遊びですね。

なかなかシャレがきいていて、こういう遊び心は大好きです♪

「うそ鳥大明神」
岡山県久米郡美咲町西川上 【地図】

スポンサーサイト
観光-施設 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/04/19 21:22
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。