スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

農業はお金が掛かる

本格的な農業を始めようと思ったら、農地の購入費用以外にも想像以上にお金が掛かる事に気づかれることでしょう。

特に稲作をする場合、なんといっても一番お金が掛かるのがトラクターや田植え機・コンバインなどの農機具の購入費です。
これらを全部新品で購入するとかなりの金額になります。

例えば、トラクターは小型の物でも最低でも100万円は観ておかないといけません。ちょっといいヤツになると2~300万円以上するのが普通です。自家用車が買えちゃいますね。
田植え機ですと、手押しで使用する歩行型タイプの物で20万円~70万円、乗用型になると小さい物でも50万円~100万円は必要です。
コンバインも安くありません。手押しタイプ=いわゆるバインダーでも50万円弱~65万円ほどしますし、一般的な登場タイプの物は二条刈りの小型の物でも軽く200万円を超えてしまいます。

これだけの費用が必要にも拘らず、使用するのは年にせいぜい数回だけです。
う~ん、なんかもったいない…。

農地への行き来・荷物運搬に軽トラックが欲しいですが、こちらも新車だと60万円~100万円くらい。
他にも一輪車(手押し車)・クワ・フォーク・カマ・スコップ・草払い機などなど、道具も一から揃えると結構な金額になると思います。

正直な話、農業未経験者がこれだけのお金をかけて本格農業を始めて採算がとれるのか?というと、とても割に合わないと思います。しかも農作物の出来は天候に大きく影響を受けますし、自然災害被害を受けてしまうことも有ります。
逆に天候に恵まれて大豊作となることも有りますが、“売る”という面ではこれも良い事ばかりではありません。農作物の出来過ぎにより市場価格が大暴落し、せっかく出来た作物を捨てるというニュースをみたことがあるのでは?

農業を始めて一年目から儲けを出そうなんて思う人はいないと思いますが、この投資を数年でペイできるのかも疑問です。メンテナンスも必要でしょうし、簡単なことではないでしょう。
では、せめてトントンレベルまでに出来る方法はないものでしょうか?

お金に余裕があるならばともかく、すべてを新品で買い揃えるのは大変です。
農耕機具の購入費用を抑えるには、中古販売を利用しましょう。インターネットで検索をすると結構な数の業者が見つかると思います。
また、購入した物件のエリア内でも中古農機具の店舗を見つけることは難しくないでしょう。
岡山県北部にも多くの業者が有りますよ。

もうひとつ。コンバインなどの大型の農耕器具は購入せず、お借りする方法です。
農地付物件ならば近所にも農家が有るのが普通です。
相手にもよりますが、農作業の勉強を兼ねてその方の農作業の手伝いをするなどすれば、先方の方から「貸してあげる」という言葉がいただけることもあるでしょう。
「いくらかのレンタル料をお支払いするから」と、ダメ元でこちらから話をもちかけてみてもいいでしょうね。

他には、共同購入する方法がありますが、これは同時期に農機具購入を考えている相手が必要です。
でもこれもひとり頭の費用を抑えるにはいい方法ですね。

以上あげたのは本格農業に限ったことではなく、もっと気軽に農業を楽しみたい方にも当てはまることと思います。
農業は重労働です。便利な道具が有るにこしたことは有りませんからね。


スポンサーサイト
農業 | コメント:(0) | トラックバック:(1) | 2012/05/25 16:36
コメント:

管理者のみに表示
トラックバック:
本格的な農業を始めようと思ったら、農地の購入費用以外にも想像以上にお金が掛かる事に気づかれることでしょう。特に稲作をする場合、なんといっても一番お金が掛かるのがトラクタ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。