スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

梅雨に咲く花・ホタルブクロ

梅雨に咲く花・ホタルブクロこの季節に咲く花といえばアジサイですが、ホタルが舞うこの季節に野山で花咲くかわいらしい花があります。

丘陵地や道端、山の草原(くさはら)などに自生している『ホタルブクロ』。
この花は北海道から九州までの広い範囲で観る事が出来るキキョウ科の多年草です。

花をみられるのは、6月~7月の梅雨の季節で、この時期に咲くことから『アメフリバナ』と言われることも有るようです。夏から秋にかけての残暑厳しい時期に実をつけます。

背丈はひざ丈から腰くらいで、葉の形は縦長のハート型。釣鐘に似た筒状の花を下向きに咲かせるのが特徴です。
花の色は白・薄紅色~濃赤紫、関東では赤系の花が多く、関西から西では白い花が多いようです。
ホタルブクロは野生植物なのですが、その可憐さから園芸用に庭の花壇などで栽培されることも珍しくありません。

この花の変種に『ヤマホタルブクロ』があるのですが、とてもよく似ています。
ホタルブクロのガクには小さく反り返った付属片があるのに対して、ヤマホタルブクロには付属片が無いのが両者の違いです。

下からのぞいてみました♪この花、梅雨に咲くからかうつむいたように下向きに花を咲かせ、筒状に細長い花という事もありわざわざ下からのぞきこまないと花の中を見ることはできません。
花の中がどうなっているのか実際に覗いてみると…。

花びらの内側には毛のようなものがビッシリと生えています。
この写真ではピントが雌しべに有っているので少しわかりづらいのですが、右の方をみると確認できると思います。
そして紫色の斑点があります。この写真の花は少なめですが、もっと斑点がたくさんある花もあります。

静かにうつむいてばかりで、人前ではいつも長袖にロングスカートで素肌を露わにしない少女。その理由は毛深くて斑なアザがあったから…などとヘンな妄想をしてみたり(笑)。

この花の名前『ホタルブクロ』の語源は、“袋状になったこの花に子供がホタルを入れて花が内側から光るのを楽しんだ”という説をよく聞きます。(見ます)。
それとは別にホタルがこの花の中で光るのが提灯(ちょうちん)のようなので、提灯の古い名前=「火垂る(ホタル)」から来ているという説もあります。
そもそも昆虫のホタルも現在でこそ漢字で “蛍”と書きますが、元々は光る様子が提灯みたいな昆虫ということで“火垂る”と名付けられたのだそうです。

名前のいわれはともかく、このホタルブクロという名前はとても季節感があり、ホタルを花の中に入れて光るのを楽しんでいる情景が目に浮かぶ、情緒ある素敵なネーミングですよね。

ところで、今回この花を紹介するにあたって、いろいろとネットで調べて初めて知ったんですが、このホタルブクロって食べられるんですね!
天ぷら・おひたし・煮物などにするそうです。花は少しヌルンとした食感で上品なお味なんだそうです。
花がせっかく筒状になっているんで中にいろいろと詰めて見るのも面白いかもしれませんね。
誰か試してみませんか?

スポンサーサイト
花・草・樹 | コメント:(2) | トラックバック:(1) | 2012/06/20 19:21
コメント:
ほぉ~~
知りませんでした。食べられるにしては
可愛いすぎの植物ですね。

梅雨おわれば「吉見」の草刈に行きます。
大変だよ~~~
Re: ほぉ~~
壱ママさん、コメントありがとうございます。

食べるなんて想像すらしたことありませんでした(^^;)
若い茎や葉は漢方薬にもなるんだとか。「へぇ~」ですね。

これからの季節は雑草がすごい勢いで伸びます。
刈っても狩ってもまた伸びちゃうんでイヤになっちゃいますが、だからといって放置していればトンデモナイ状態になってしまいます。
せっかくこちらに来ても日中は草刈りに追われてゆっくり出来ないかもしれませんが、その分日が落ちたらホタルでも眺めて田舎の夜を楽しんでくださいね♪

管理者のみに表示
トラックバック:
この季節に咲く花といえばアジサイですが、ホタルが舞うこの季節に野山で花咲くかわいらしい花があります。丘陵地や道端、山の草原(くさはら)などに自生している『ホタルブクロ』...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。