スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

求む!若手陶芸作家:新見の陶芸工房

本日の山陽新聞に興味深い記事が掲載されていました。
“大野部焼き”を生み出した新見市の陶芸家 故・加藤二郎さんが使用していた工房を引き継いでくれる若手作家を探されているという内容です。

早速、加藤さんや大野部焼きについてネットで調べてみたのですが、得られた情報は非常に少なく、分かった範囲内で簡単にご紹介してみます。

大野部焼きとは、昭和54年(1979年)に新見市哲西町大野部に窯を築いて始められた焼き物で、壺・徳利・花瓶などから陶壁制作まで手掛けられています。
昭和59年(1984年)に日本伝統工芸中国支部展で入選、三越銀座店で個展を開くなど活躍をされていた加藤さんですが、残念なことに平成8年(1996年)に42歳という若さで他界されました。
その後、大野部焼きを継ぐ者はおらず現在に至ります。

新見の陶芸工房を若手作家へ 加藤さん遺族、引き受け手探す

「陶芸に懸けた情熱とともに若手作家に引き継いでほしい」―。大野部焼きと呼ばれる焼き物を編み出した陶芸家の故・加藤二郎さんの工房(新見市哲西町大野部)の引き受け手を遺族が探している。

 工房は敷地約200平方メートルに登り窯(長さ約10メートル)のほか、電動ろくろ2基、ガス窯、土の中の空気を抜いて粘り気を出す「真空土練機」などを備え、住居やギャラリーもある。

 加藤さんは旧哲西町出身。高校卒業後、カナダの美術学校で陶芸を学び、1979年に同工房で本格的に作陶活動を始めた。窯変によって鮮やかな赤や深緑など多彩な色を生み出し、84年に日本伝統工芸中国支部展で入選。三越銀座店(東京)で個展を開くなどしたが、96年に42歳の若さで亡くなった。

 工房は妻で彫金作家の百代さん(61)が管理。現在は岡山市中区平井に創作活動の拠点を置き、新見市に戻る機会が減ったことから、陶芸家に活用してもらうことを決心した。

 住居部分も含めて売却を考えており、今月中にも新見市運営の「空き家バンク」に登録する。問い合わせは同市企画政策課(0867(72)6114)。

山陽新聞 新見の陶芸工房を若手作家へ 加藤さん遺族、引き受け手探す(2012/08/18)

我社にも陶芸の工房に適した物件を探しに来社されるお客様が時々いらっしゃいます。
その方が考えられている工房の規模にもよりますが、簡単にご希望に添える物件をご紹介出来るものではありません。
仮に物件の内容がその方の要望にピッタリのものがあったとしても、その物件の近所周りに住宅が多い場所ですと迷惑をかける心配もありますし、すべての住民の方達の了解を得るのも大変なことです。

その点この記事のように既に窯元として使われていたものなら、“焼き物をする”ということにおいての問題は無く、様々な道具もあって、住宅やギャラリーまであるのですから、これから自分の窯を持ちたいと考えられている若手作家さんにとってはこの上ない良いお話ではないでしょうか。

是非このチャンスをモノにして、ここから素晴らしい作品を生み出してくれる作家さんが現れてくるといいですね。


スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/08/19 23:28
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。