スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

竜天天文台公園

竜天天文台公園

昨日は、赤磐市にある吉井竜天オートキャンプ場をご紹介しました。その記事内でも少し触れていますが、オートキャンプ場のすぐ近くには竜天天文台公園がありますので、今回はこちらをご紹介しますね。

この天文台公園は標高約450mの山の上にあります。
“天文台”ではなく“天文台公園”という名称からお気づきだと思いますが、天文台と同一敷地に公園があり、更に公園の隣(天文台の反対側)にある林の中はキャンプサイトとして整備されています。

天文台
この天文台は一般の方のために造られました(申し込めば研究利用にも利用できます)。
400mmの反射望遠鏡がメインの望遠鏡。他にも視聴覚室・研修室といった施設もあります。

観望会の無い時は入場無料。観望会は高校生以上が200円で小中学生が100円、乳幼児は無料で参加できます。参加費無料の観望会もありますので、天文台のサイトでイベントスケジュールを事前チェックしておくとよいでしょう。結構頻繁に観望会が開かれていますよ。

天文台のホール
訪れたのは平日の午前中だったので、当然他には誰もいませんでした。
玄関が暗いので閉まっているのかと思ったんですが、節電のために照明を点灯していないだけでした。
中に入ると、半円形のホールが掲示ボードで三つに区切られていて、中央がホールとしての役割を、左右のスペースには椅子や展示粒などが置かれていてくつろぎながら天体の勉強ができます。

この時間は望遠鏡の管理者が不在なので望遠鏡の見学も不可だったのは残念。あのドームの中にはいってみたかったんですけど、仕方ありません。
ちなみにこのホールの上に天体ドームがあります。


火星儀天文台の模型
ホールに置かれていた1/2263万の「火星儀」。並べて置かれた白いワンちゃんのぬいぐるみがキュート♪
火星儀の横にはこの天文台の建物の模型が。(写真はホールとは反対側から撮影しています)


天文台公園ステージ付き、ファイヤーサークル付き
天文台を出て、建物の裏に回ると公園があります。滑り台や鉄棒やブランコなどの遊具も設置されていますね。
公園の中央にあるサークルはキャンプファイヤーに使用するファイヤーサークルです。
公園から天文台の建物を見ると半円形のステージがあるのがわかります。何かのイベントとかで使うんでしょうか?


キャンプサイト
公園を奥に進むと一段下がっていて、キャンプサイトになっています。林の中ですが、とてもよく整備されていて雑草などはまったく生えていません。
サイトの一区画はさぼド広くなくテントを張ったらちょっと空きスペースができるかな?くらいですね。
キャンプサイト全体で20程のテントを張ることが出来るそうです。


屋外調理場丸太…に擬態したごゴミ箱
屋外炊事場はシンプルな造りで一般的なもの。トイレは公園内にあります。
天文台建物内に浴室があり、これの利用も可能なのは嬉しいですね。
全体的に昔ながらのキャンプ場といったイメージで、前回ご紹介した吉井竜天オートキャンプ場とは正反対のタイプのキャンプ場ですね。
キャンプサイト内のアチコチに丸太の輪切りのようなものが置かれていますが、これはゴミ箱です。
モロ金属や合成樹脂なものじゃなく、周りに溶け込むデザインがいいですね。

竜天天文台公園
岡山県赤磐市中勢実2978-3 【地図】
電話:086-958-2321 (金曜日13時~18時・土日9~18時・および開館時間中)
   ※平日(金曜午後以外)は吉井公民館へ 086-954-1379
【天文台】
開館日は少し複雑なので下のリンクで確認してください。
平成24年度(2012年度)観望会・イベントカレンダー(pdf)
開園時間:少々複雑なのでHPの最下部を参照してください

【キャンプサイト】
期間:3月中旬~11月末(天文台研修室は通年)
時間:チェックイン16時/アウト9時:デイキャンプ10時~16時
料金:1区画700円:デイキャンプ1人100円
設備:炊事棟・水道・トイレ・ファイアーサークル・遊具・風呂100円(天文台内)

スポンサーサイト
観光-施設 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/08/31 23:38
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。