スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

JR津山線

JR津山駅JR津山線は、岡山県の県庁所在地である岡山市北区と県北の主要都市である津山市を連結する鉄道です。

この鉄道路線は“中国鉄道”が1898年(明治31年)に開業した私鉄で、今の国道53号線とほぼ同じルートの“津山街道”に “辛香峠(からことうげ)”という交通の難所があって、岡山と津山間の人や物資の往来が大変だったのを解消すべく、敷設されました。

“中国鉄道本線”という名称で、「岡山市駅」から「津山駅」の間で開業、「津山駅」より先も路線を伸ばす予定はあったのですが、資金面で困難となり断念しています。
※この当時の「津山駅」は現在の「津山口駅」です。

この中国鉄道本線が開業するまでは、岡山市から現在の真庭市の落合の間は旭川水系を利用した高瀬舟での舟運が主流でしたが、鉄道の完成により衰退し、御津の金川や建部の福渡などの鉄道駅から先の交通手段へと変化。このため金川や福渡は交通の要所として発展したのだそうです。

1923年(大正12年)、「津山駅」が「津山口駅」に改称、“国鉄作備線”の支線として「津山駅」「津山口駅」間が開業。1936年(昭和11年)に“作備線”が“姫新線”に編入されたことにより、「津山駅」「津山口駅」間も資金線の支線になりました。

その後1944年(昭和19年)、戦時買収によって中国鉄道本線は国有化、その際に「岡山駅」から「津山口駅」に加えて「津山駅」までが“津山線”となりました。

津山線路線マップ

ところで、通常なら路線の上り・下りは起点となる「岡山駅」発の列車が下りで、「津山駅」発が登りとなるはずなのですが、実際にはその逆で、「津山駅」発が下りになっています。
これは関西地方から伸びてきている姫新線に上り下りの方向を合わせた為なんだそうで、別に開業当時は津山の方が岡山よりも都会だったってわけではありません(笑)。

「津山駅」は津山線の終点であると同時に姫新線の通過駅であるだけでなく、鳥取県の「鳥取駅」から津山市までを結ぶ因美線の終点が「東津山駅」であるにも拘らず、利便性の面を考慮してか乗り換えずとも「津山駅」へ因美線の列車で乗り入れてくれるのは助かりますね。

その一方の起点となる「岡山駅」は、岡山県内の東西南北の交通の要。
津山線の他に、山陽新幹線、山陽本線、宇野線(瀬戸大橋線)、吉備線がこの駅に集まっているだけでなく、「東岡山駅」が終点の赤穂線や「倉敷駅」が終点の伯備線も「岡山駅」まで乗り入れています。

【津山線の駅】※起点の岡山駅から順
岡山駅-法界院駅-備前原駅-玉柏駅-牧山駅-野々口駅-金川駅-建部駅-福渡駅-神目駅-弓削駅-誕生寺駅-小原駅-亀甲駅-佐良山駅-津山口駅-津山駅

「岡山駅」から「牧山駅」までが岡山市北区、「野々口駅」と「金川駅」が岡山市北区(旧御津町)、「建部駅」と「福渡駅」が岡山市北区(旧建部町)、「神目駅」から「誕生時駅」が久米南町、「小原駅」と「亀甲駅」が美咲町、「佐良山駅」から「津山駅」が津山市にあります。


スポンサーサイト
鉄道 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/09/27 22:13
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。