スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

足守藩侍屋敷

足守藩侍屋敷

足守町並み保存地区は陣屋町で、今も江戸時代の建物が数多く残されていますが、保存地区のメインストリートから少し北西に外れたところに、今回ご紹介する侍屋敷(正式な呼称は旧足守藩侍屋敷遺構)があります。


侍屋敷 歌舞伎門から
この白壁となまこ壁の長屋門と土塀に囲まれた屋敷は、元足守藩国家老を務めていた杉原家の居宅。
明治維新以降に次々と姿を消して行った武家屋敷ですが、現在も当時の姿のままで残されているのは大変貴重なことであり、岡山県重要指定文化財になっています。

昭和48年に所有者が岡山県に寄贈、岡山市が保存修理事業した上で、現在無料で公開しています。
管理人さんが解説中小庭園
敷地外からは立派な長屋門が屋敷の重厚さを感じさせるのですが、門をくぐって敷地内に入ると母屋は茅葺の平屋建てでちょっと予想外。
建物の造りは立派なのは確かなのですが、なんていうか一目見た印象は“侍屋敷”というよりも“庄屋さん”。

先客が玄関の間の前で管理人さんの解説に耳を傾けています。武家屋敷には必ず設けられていた二畳の仏間についての解説をされているところでした。

中門をくぐると見事な小庭園。広々としているとは言えないのですが、くつろぐには十分な広さです。
母屋もそうですが不要に豪華なものにしていないところが好印象。質実剛健ってことでしょうか。


縁側の前で佇む美しき(?)女性が一の間・二の間
庭から縁側の方を向くと、後ろ姿の素敵な女性がナゼか一人で見学中でしたので、失礼ながら後ろ姿を一枚撮らせていただきました。

縁側から一の間・二の間が見えます。
通常の日本家屋なら彫刻が施された欄間がある場所にそれらしいものは無く、その上側にシンプルなデザインの小食がされていますね。


土間中庭
土間にはかまどが。その横に“蠅入らず”が置かれています。
『手をふれないでください』と書かれていますので、これも古い物なのでしょうか。

土間を通り抜けて中庭へ。井戸の向こうにある建物に湯殿と厠があります。
この写真では見切れていますが、この右手に立派な内蔵もあります。そしてこれとは別に、玄関を入り土間の前を通り過ぎた先にも立派な土蔵がありますよ。

ところでこの屋敷、研修会や会合などの利用目的で部屋を借りることも可能なようです。
ちょっとビックリですが、一度は内部に入ってみたいものですね。


陣屋跡
侍屋敷を出て、足守の名庭園『近水園』の方へ向かうと広い公園がありますが、ここは只の公園ではなく“旧足守藩の木下家の陣屋跡”なんです。
足守藩は2万5千石の小藩だったため、お城ではなく“陣屋”が置かれていたのだそうです。
この公園は石垣と水堀に囲まれていて、“陣屋”の当時の姿を連想させてくれますよ。


旧足守藩侍屋敷遺構
岡山県岡山市北区足守752 【地図】
TEL:086-295-0983
休館日:月曜日(休日はその翌日) ・祝日の翌日・年末年始(12/29~1/3)
公開時間: 9:30~16:30
入場料:無料
部屋使用料:1部屋900円、2部屋1200円、3部屋1500円、4部屋以上1800円

スポンサーサイト
観光-史跡 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/10/01 23:02
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。