スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

セイタカアワダチソウ

セイタカアワダチソウ秋になると、原っぱや長く休耕している農地などでドギツい黄色の花を咲かせる『セイタカアワダチソウ』。
丈が高い雑草で、栄養豊富な土壌では3m以上にも育つこともある北アメリカ原産の外来種です。

日本には観賞用として明治末期頃に持ち込まれましたが、どこでも目にするようになったのは第二次世界大戦後。

アメリカ軍の輸入物資に付着していた種子から繁殖したという説や、蜜を採取する目的で養蜂業者が繁殖させたものから野生化したなどの説がありますが、この植物は非常に繁殖力が強い上に他の植物を排除する力も強かったために、あっという間に全国に広がって日本古来の植物を排除してしまいました。

この植物は、茎の先端付近で枝分かれしてたくさんの花を一気に咲かせ多くの種を作るだけでなく、地下50cmほどに根を張り、近茎でも繁殖することが出来ます。
また、「アレロパシー」という他の植物の成長を制御する物質を多くの植物が持っているのですが、セイタカアワダチソウのモノはとても強力で、先にその地にあった植物達を駆逐し新たな主として群生しています。

かつては、秋の日本の野山には「萩」「桔梗」「撫子」などの美しい草花が咲き、ススキの穂がゆらめいている風情あるものだったのですが、セイタカアワダチソウのアメリカンなドギツい黄色にとって代わられてしまっては風情など感じようもないですね。

日本生態学会では“日本の侵略的外来種ワースト100”にも選ばれていて、各地で刈取りや抜き取りなどの対策をしていますが、この繁殖力の前には無駄な抵抗のようです。

ところが、近年になってセイタカアワダチソウの勢いに変化が現れてきました。
背丈が低くなり、黄色一色だったセイタカアワダチソウの群生地にススキなどの古来の植物が混じり始めてきたのです。

この現象は、セイタカアワダチソウがその地の養分をかなり吸いつくしてしまって大きく育てなくなったことと、自分の持つ強力なアレロパシーが自身にも影響を与え出したためと考えられています。
土地が痩せてしまって勢力が衰えるなんてまさに自業自得なのですが、その隙を突いてススキなど養分が豊富で無くても育つことが出来る植物が戻ってきたようです。

これって土地が痩せてきて困ったセイタカアワダチソウが、
「追い出してゴメン、自分勝手ばかりじゃ生きづらいのがようやく分ったよ。」と、土を豊かにしてくれる植物達との共生の道を選んだようにも思えますね。

セイタカアワダチソウの花以上のことから、この植物には悪いイメージを持つ人も少なくなく、花粉症の原因のひとつだとも言われたりしましたが、セイタカアワダチソウの花粉は虫を媒体にした受粉をする植物で、この花粉は重く形状も風による受粉には適していない為あまり飛び散りませんので、花粉症の原因というのは言い掛かりです。

それどころか、アトピーや喘息に効果があるとか。

まだ花の咲いていない黄色い蕾を付けている状態の物を摘んできて、乾燥させる。それを煎じて飲んだり袋に詰めて入浴剤としてお風呂に入れると、毒出しの効果があるのだそうです。

また、この植物の強力なアレロパシー(他の植物の成長を制御する物質)を利用して、人間に無害な除草剤が作れないかと研究もされているそうです。

自然界にあるものには完全な悪役なんていないってことなんでしょうかね。
どんなものでも旨く付き合えば、役に立ってくれるものですね。

スポンサーサイト
花・草・樹 | コメント:(2) | トラックバック:(0) | 2012/10/17 23:19
コメント:
なかなか
なんとまぁ、なかなかの優れものではありませんか!!

私の概念を払拭せねばなりません。。
悪草の代名詞のように思っておりました。

大阪の空き地で昔は見かけましたが今、ぐんと
減りました。。いや空き地がなくなったんですわ。

除草剤として開発されましたら「一番目」のお客に
なります!!!
Re: なかなか
壱ママさん、コメントありがとうございます。

> 私の概念を払拭せねばなりません。。
> 悪草の代名詞のように思っておりました。
正直、この記事を書くために調べるまで自分もセイタカアワダチソウには良いイメージありませんでした(笑)。

> 除草剤として開発されましたら「一番目」のお客に
> なります!!!
画期的ですよね、無害の除草剤。
開発に成功したら草刈りの大変さから少しは解放されるかな?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。