スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

美作国でミステリーツアー


ミステリーツアー舞台は美作国 あさのあつこさん 構想練る 岡山

■建国1300年記念事業、来夏完成

 来年の「美作国建国1300年記念事業」のメーンイベントの一つ「みまさかミステリーツアー」用に書き下ろす小説の構想を練るため、美作市在住の作家、あさのあつこさん(58)が20日、同市内の名所などをめぐった。あさのさんは「美作国の自然や歴史そのものがミステリー。美作っ子の私にしかできない作品に仕上げたい」と意欲を見せている。

 ミステリーツアーは、あさのさんが執筆したミステリー小説を読み、物語の中に出てきた美作地域の舞台を読者がめぐり、謎解きに挑戦するという内容。

 この日、あさのさんは、市職員らに案内されながら市内のオルゴール夢館、国指定重要文化財の三重塔がある長福寺などを回った。

 あさのさんはこれまでに津山市の中山神社や奈義町の菩提寺、真庭市の湯原温泉などもめぐっており、「地元にいながら知らないことが多く、新しい発見がいっぱい。自然あふれる風景や歴史など美作国のパワーを小説の中に表現していくのが楽しみ」と話した。

 あさのさんは今後、鏡野町の奧津渓や久米南町の誕生寺、美咲町の棚田など美作地域10市町村をすべて訪れ、小説の構想を練りあげるという。

 同記念事業実行委によると、作品は来年8月完成、約2万部を観光客らに配布予定。「美作地域の観光名所や史跡、パワースポットなどが舞台となった作品。現地を旅して、地元再発見や魅力を体感してほしい」とアピールしている。


MSN 産経ニュース ミステリーツアー舞台は美作国 あさのあつこさん 構想練る 岡山(2012/12/21)

あさのあつこさんといえば、岡山県を舞台にした少年野球を扱ったジュブナイル作品『バッテリー』が映画にもなっているのでご存知の方も多いと思います。
あさのさんは岡山県美作市生まれの美作育ち。ミステリーツアーのために小説を書きおろしてもらうにはまさに適任者ですね。

予定では2013年8月には完成する予定ですので、約半年しか時間がありませんよね。
もちろんプロの作家さんですから予定通り完成させてくれるでしょうが、美作国各地のスポットを舞台にミステリー小説を仕上げ、読み物として面白くも無くてはならないんですから大変な作業になると思います。

観光客用に2万部を配布するそうですが、地元の人は?有料で購入出来るんでしょうかね。
この小説が完成した暁には、このブログでも取り上げてご紹介したいと思います。

さて、どんな作品に仕上がるのか今から楽しみです!

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2012/12/22 23:58
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。