スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

紹介本の紹介

「岡山県謎解き散歩」 Amazon.co.jp先日の“岡山市を桃太郎市へ改名騒動(?)”は、結局“伝説の岡山市”という岡山市のPRと特設サイトへの注目を集めてもらうためのプレイベント的なものだったわけですが、このテザーサイトによる作戦は全国的に注目を浴びることになり、PRサイト“伝説の岡山市”のPRは大成功したと言えるでしょう。

そんなわけで岡山に興味を持ってもらえている今、岡山市だけに留まらず岡山県そのものを全国的に知ってもらうにはいいタイミングじゃないでしょうか。
そこで、今回は岡山県のことをいろんな角度から紹介している書籍をご紹介してみたいと思います。

やっぱりこういうものは古いものよりも最新の情報も含まれている方がいいと思いますので、比較的最近発刊(2012/11/10 第1刷)された物をチョイスしてみました。

『岡山県謎解き散歩』/編著者 柴田一/新人物往来社 905円
“謎解き散歩シリーズ”の岡山県版です。

“「晴れの国、おかやま」の魅力発見と謎解きの旅”として、岡山県の歴史・文化・自然などをザックリと県全体をまずは紹介し、様々な項目について掘り下げて書かれています。

この本は300ページ弱ほどの読みごたえのあるものなのですが、小説のように頭から順に読まなくても、興味のある項目から好きなように読めますし、一つの項目は2~4ページくらいですので気軽に読むことが出来ますね。

著者ではなく編著者となっているのは、総勢24名の方々が書かれたものをまとめたものだからです。
そのため、同じ物を重複して解説してあったりという面もありますが、逆に言うとどこから読み始めても断片的な情報になっていないので、思い違いをしたり、関連する情報を目次でイチイチ探すという作業が少なくなるので、これはこれでいいのかもしれません。

フリーライターの方もいるものの、大学の名誉教授・郷土史研究家・博物館学芸員・観光連盟グループリーダーなどの“その道のプロ”の方々がこの本の為に書き下ろしたもので、情報の正確さや新しさは折り紙つきですね。

岡山県在住の人でも知らなかったり、逆に当たり前のことと思っていたコトの真実が書かれていたり、その名前は知っていても詳しくは理解していないものを開設してあったりと、岡山県外・県内の人皆さんに興味深く読むことが出来る一冊になっています。

これでいいのか岡山県 Amazon.co.jpもう一冊ご紹介です。


『これでいいのか岡山県』/編者 昼間たかし/マイクロマガジン社 1300円

“これでいいのかシリーズ”の岡山県版で、つい先日(2013/02/04)発売されたばかりのムック本で、『岡山県謎解き散歩』が文庫本サイズなのに対して、マガジンサイズ(A4ワイド)になっています。

『岡山県謎解き散歩』が複数名の寄稿によって構成されているのに対して、こちらは“昼間たかし”さん1名で取材・調査を行い、多くの文献を参考にして執筆されています。

また、『岡山県謎解き散歩』は真正面から岡山県の様々なことを詳しく紹介している“マジメなタイプ”のものだとすれば、 “週刊誌的”な気軽に楽しめる構成になっているのも対照的。

“週刊誌的”と書きましたが、必要以上の誇張表現やハッキリしないものを断定的に決めつけたりと言ったような、胡散臭い記事内容ではありませんので、ご安心くださいネ。

もうひとつ対照的なのが、『岡山県謎解き散歩』は歴史=過去の事柄が大変詳しく書かれているのに対してこちらはむしろ現在の岡山について詳しく触れているのが大きな違いと言えるでしょう。

ページ数が150Pにも満たないためか目次的なものがないことと、ちょっと情報が偏っている気がするものの、面白楽しく気軽に岡山県のことを知るには手ごろかもしれません。

本書で一番印象的だったのは“岡山県人は地元を自虐的に話す”ということ。
今まで気づいていませんでしたが、確かにそういうところありますよね。これって岡山県人特有のものだとは!

そういえばネット上で揶揄も込めて“大都会岡山”と言われていても、“バカにされた”“皮肉を言われた”と怒ったり反論したりしないで、それを受け入れて一緒になって楽しんでいるフシがありますよね、岡山県人って。


岡山県の紹介本を二冊ご紹介しましたが、いろんな面で対照的だったのが面白いですね。
岡山県に興味がある方、書店で見かけたら手にとってみてください。
「あまり特徴のない県」と想われている岡山県ですが、知ってみると案外個性的なんだなと気付かれることでしょう。

スポンサーサイト
作品紹介 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/02/06 23:54
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。