スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ニャンコと暮らす前に

ニャンコ イメージペットとして犬と並ぶ人気を誇るネコちゃん。

今回は、ネコを飼う前に知っておきたい・知っておくべきことを書いてみたいと思います。

同じペットでも、犬と猫では正反対の習性を持っていますので、その特徴をよく理解した上で迎え入れてくださいね。

まず、猫に限ったことではありませんが、飼うと決めた以上はその命に飼主は責任を持たねばならないことをよく理解しましょう。
また、犬は法律によって登録することが義務付けられていますが、ネコを飼育するのにそのような義務付けは一部の地域を除いてありません。
しかし愛猫が他人を噛んだり引っかいて怪我をさせたり物を壊したりなど、なんらかのトラブルを起こした場合は飼主がその責任を持つことになりますので、そういうことが無いようにシッカリと躾をすることをお忘れなく。

一般的に猫は15年から20年くらい生きます。
それだけの長い期間の間には、病気になることもあるでしょうし、飼主の生活スタイルが変わって一緒に過ごしてあげる時間が取れないようになるかもしれません。一人暮らしだと、泊りがけで出掛ける必要がある時にはどうするのかも考えておかねばなりませんね。

健康の面ですが、生後間もない猫は母猫の乳に含まれている免疫によって病原菌から守られていますが、犬同様にこの免疫力は時間の経過と共に無くなって行きます。
そこで生後50日もしくは8週間くらいから約3週置きに2~3回のワクチン接種をしてあげましょう。
犬同様に、このワクチンの効果も徐々に薄れていくので年一度の接種をオススメします。

猫は肉食動物なので肉をやればいいというイメージがありますが、栄養バランスを考えてあげましょう。
野生の猫は捕食した鳥や鼠の肉のみならず内臓や軟骨も食べて栄養バランスを取っていました。肉の切身ばかりあげていては栄養が偏ってしまいます。その点、キャットフードなら栄養バランスを考えて作られているので安心。
家庭内の食品を上げる際には栄養バランスを考慮して、ほぐした肉に穀物などを少し混ぜ込むとかするといいでしょう。
猫に餌をあげる際に気をつけたいのが、ネギ・タマネギ・ニラなどのネギ類の野菜は、その成分が猫の血液中の赤血球を壊してしまうのでやらないようにしてください。
お魚大好きな猫ですが、生のイカを食べるとビタミンB1欠乏症を起こしてしまいます。

犬は野生だった頃、群れをなして生活してリーダーに従って行動していたため、人間と暮らす場合も飼主をリーダーだと考えるので、躾がしやすいですよね。
ところが、ネコ科の動物はライオンは別として他は、それぞれ単独で行動するので、リーダーという存在が必要ありません。
各自が自分で判断してどう行動するかを判断しているので、誰かの言うことを聞くという考え方がないわけです。
仮に飼主にとって不都合な事をしたときに、顔を見つめながらガミガミと叱りつけたり体罰を与えたとしても、どうしてそうなるかを理解できませんので、怒ったり体罰を与える飼主のことを“危険な相手”と考えるようになって近寄らなくなってしまいます。

では、どうやって躾たらいいのでしょうか?

触って欲しくないモノなどがある場合、その者の周囲にアルミ箔を敷いておきましょう。
ネコはアルミ箔の上を歩く感触を嫌いますので、その習性を利用すればいいわけです。

爪研ぎはネコにとって大切な行動ですので、爪研ぎ器をちゃんと用意してソレを使うように仕向ければ、柱やテーブルの脚などを引っ掻くことも無いでしょう。
爪研ぎ器には布製・段ボール製・縄で出来たものなど種類がたくさんありますので、ネコちゃんの好みに合うものが見つかるまで色々と試してみてくださいね。

困る行動を止めさせるには “その行動をしたらイヤなことが起きる”という経験を何度もさせることによって、自分で判断させるようにすることです。
ネコちゃんが、してくれては困ることをしようとしていたり、もしくはその最中に大きな音を出したり大きな声を出したりして驚かしてみましょう。ネコの居るそばをバンッと強く叩くのも驚かすのに有効です。
また、ネコは水に濡れるのを嫌いますので、霧吹きなどをシュッと吹きかけるのもいいかもしれません。

飼主のすぐそばでその行動をしようとしているなら、鼻先を指でピンッと軽く弾いてみてください。痛くない程度にですよ。指先で鼻先を押さえるのもいいでしょう。
鼻先を押さえるのは、母猫が子猫を躾ためのサインだと言われています。

そして、“その行動”を止めたら即座に撫でるなどネコちゃんが喜ぶことをしてやってください。
これを何度も繰り返すことで、“その行動”をしたらイヤな思いをする・しなかったら嬉しいイイコトが起きると学習してくれます。
気をつけたいのが、飼主の気分によってこの躾をしたりしなかったりということが無いように。
覚えてくれるまでネコちゃんと根くらべを楽しむつもりでお願いしますね。

スポンサーサイト
田舎暮らしと生き物達 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/03/20 23:53
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。