fc2ブログ

人と科学の未来館サイピアOPEN

人と科学の未来館サイピア岡山市北区伊島町、池田動物園の横にある「岡山県生涯学習センター」に隣接(同一敷地内)して「人と科学の未来館サイピア」が本日オープンしました。

この施設は、平成23年に閉館した「旧県立児童会館」を耐震化や設備更新など約7億円を掛けて改修工事を施し、生まれ変わらせたもの。
公式サイトに書かれている“未来につながる科学の学び・体験・交流の発信拠点へ 岡山の科学に関する「知」を結集”という言葉どおり、子供たちの校外学習としての理科学習をサポートすることを目的とした施設です。

…と、言葉で説明するとなんだか堅っ苦しいイメージがしてしまうのですが、最新の技術を導入したプラネタリウム兼映像放映施設「サイエンスドーム」や、科学体験が楽しめるスペース「科学体験・学習広場」、様々な興味深い展示が予定されている「企画展示室」など、子供だけでなく大人も一緒になってワクワク科学体験ができるところなんですね。

この施設の目玉は何といっても、従来の光学式による星の動きの表示とデジタルプロジェクター映像を連動して映し出せる「ハイブリッド式プラネタリウム」です。
直径15mのドームに約1000万個もの星を表示することが可能で、全天周映像ムービーも愉しむことが出来ます。
※プラネタリウムの観覧はオープニングウィーク(4月30日~5月6日)中は完全予約制で、既に受付終了していますのでご注意ください。

また、企画展示室のオープニング企画は、「有人宇宙開発」についての展示で、ISSと「きぼう」日本実験棟やスペースシャトルなどの模型展示、関連映像・解説パネル、クイズラリー等、最新の取り組みを中心に宇宙開発の歴史と現在、そして未来を楽しく学ぶことができるんだそうですよ。
JAXAで作られた船外活動服(いわゆる宇宙服)の体験もあるようで、少年の心を持っている人ならば年齢関係なくワクワクする企画ですよね♪
この企画展は6月2日(日)迄の予定です。

入館料は無料、プラネタリウムを観覧する場合のみ観覧料金が必要というのも嬉しいですね。

岡山に「未来館サイピア」開館 天体ショーや科学実験楽しむ

 旧県立児童会館を改修した県生涯学習センター別棟「人と科学の未来館サイピア」(岡山市北区伊島町)が29日、開館した。初日は公募で招待された家族ら約360人が、最新鋭プラネタリウムでの天体ショーや科学実験を楽しんだ。

 プラネタリウム施設「サイエンスドーム」で記念式典があり、伊原木隆太知事らがテープカットで祝った。

 同施設は星の動きとデジタル映像を連動して映し出せる「ハイブリッド式プラネタリウム」を完備。この日夜に岡山市内で見える星空や土星の輪に近づく映像が上映され、入場者は息をのんで見入っていた。有料で5月6日までは予約制となっている。

 宇宙航空研究開発機構(宇宙機構=JAXA)の宇宙服レプリカや宇宙食の展示、空気の力でアルミ缶を変形させる実験教室もあった。

 旧県立児童会館は県の行革に伴う施設見直しで廃止が決まっていたが、県民からの存続要望が強く撤回。耐震化や設備更新など改修を施した上で、隣接する県生涯学習センターと一体的な教育施設として再生した。

山陽新聞 岡山に「未来館サイピア」開館 天体ショーや科学実験楽しむ(2013/04/29)

人と科学の未来館サイピア
岡山県岡山市北区伊島町3-1-1 【地図】
TEL:086-251-9752
開館時間:9:00~17:00
休館日:毎週月曜・祝日の翌日(その日が土曜日、日曜日、休日の場合を除く)
入館料:無料
プラネタリウム観覧料:
大人(65歳未満)500円・高校生と65歳以上300円・小中学生100円・幼児無料
※20名以上の団体利用の場合は、電話予約が必要です

スポンサーサイト



観光-施設 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/04/29 23:57
コメント:

管理者のみに表示