スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

津山弁講座:ちゃってん

津山弁では、誰かに何かをしてあげることをお願いする場合の語尾に「ちゃってん」が付きます。

「~してあげてください」なら「~しちゃってん」となり、お願い(依頼)ではなくて、命令や何かを促す「~してやれよ」ならば「~しちゃれー」や「~しちゃりんちゃい(ちぇー)」となります。

「~しちゃれー」は主に男性が好んで使い、「~しちゃりんちゃい(ちぇー)」は女性や男性でも柔らかく言いたい場合に使用します。「~しちゃりんちゃい」って言葉の響きはなんだか可愛らしくっていいですよね。

また、人に何かをお願いするんですから丁寧に言う必要があるケースでは、「つかぁさい」をプラスして、「~しちゃってつかぁさい」となり、この場合は「ちゃってん」の“ん”は無くなります。

それではいくつかバリエーションをあげてみましょう。


依頼
例)買ってあげてください
訳)こーちゃってん こーちゃてつかぁさい

例)売ってあげてください
訳)売っちゃってん 売っちゃってつかぁさい

例)助けてあげてください
訳)助けちゃってん 助けちゃってつかぁさい

例)我慢してください
訳)こらえちゃってん こらえちゃってつかぁさい


命令・促し
例)買ってやってよ
訳)こーちゃれー こーちゃりんちゃい(ちぇー)

例)売ってやりなさい
訳)売っちゃれー 売っちゃりんちゃい(ちぇー)

例)助けてやりなよ
訳)助けちゃれーや 助けちゃりんちゃいやー(ちぇーや)

例)我慢してやってください
訳)こらえちゃれー こらえちゃりんちゃい(ちぇー)


ところで例外的に“急ぐ”などの語尾が濁点になる単語の場合は「ちゃってん」ではなく「じゃってん」になります。

例)急いであげて
訳)急いじゃってん

例)転んでやってください
訳)転んじゃってつかぁさい

例)両替して
訳)めーでん
※“めぐ”は“壊す”“崩す”という意味で、標準語同様に両替するという意味でも使います

「ちゃってん」の「ちゃっ」が無く「てん」だけの場合は、誰かの為にという意味が無くなり、シンプルな依頼となります。

「~してん」なら「~してね」で、「~してつかぁさい」なら「~してください」です。

例)「これ見て」
訳)「これ見てん」

例)「食べてね」
訳)「食べてん」

例)「おごってよ」
訳)「おごってん」

例)「許して下さい」
訳)「こらえてつかぁさい」
※“こらえる”は、“我慢する”“許す”という意味です

丁寧にお願いするときに使う「つかぁさい」ですが、やんわりとお願いしたい場合には自分自身に対することでも「ちゃってつかぁさい」と、他人事のような言い回しをすることも珍しくありません。
しかし相手にとって厳しい依頼の場合は「冗談じゃない!」と反発される可能性が高いので、状況を良くわきまえて使用したほうがいいでしょうね。

スポンサーサイト
津山弁講座 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/06/16 23:52
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。