スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

雨男・雨女も募集!岡山県

11月6日に公開された「晴れの国おかやま」新PRサイト 晴れ男・晴れ女募集
月給40万もあり得るってこともあり、なかなかの評判のようですね。

ところが、応募締切期限の11月15日を目の前にした11月11日、このサイトに変化が!


「雨男・雨女も募集」

「晴れ男・晴れ女募集」って書かれていた場所に、上から「雨男・雨女も」と書かれた紙が貼りつけられています。なにごとでしょうか?
この画面を下にスクロールしていくと、サイトからの新しいメッセージが書かれていましたので要約してご紹介します。

『晴れ男・晴れ女募集というのは、あくまでも“晴れの国おかやま”のイメージで使ったのであって、宣伝用のキャッチフレーズなんですよ。
“晴れの国おかやま”をなんとかしたい気持ちがあるのなら年齢や経験も不問、雨男・雨女、カミナリ親父、雪女だって大歓迎♪』
ということらしいです。

新しい動画も掲載されていましたよ。


晴れの国は、雨男・雨女も募集します

晴れの国おかやま 広報課主任の「はれのくにえ」ちゃん、かわいいですよね♪

雨男さんや雨女さんからのクレームってのは、まぁ冗談でしょうけども、“晴れが多い晴れの国には恵みの雨が必要”っていうのは確かにそのとおりですね、納得です。

言い換えてみれば、“晴れ男・晴れ女”は既にある既存のモノ。もちろんソレもいいけど、むしろ今不足している別の何かを持っている人大歓迎!
その新しい何かを生かして今までとは違った、新たなる晴れの国おかやまのPRをしていきたいっていうメッセージなのかな?なんて思います。

今回の募集は岡山県の「緊急雇用創出基金事業」の業務となりますので、応募資格は現在無職、今年12月から来年3月末までの期間限定での採用ということなんですが、素晴らしい成果を出せたならば4月以降ももしかしたら?

せっかくいい成果を出せていて継続することでもっと成果が期待できるような企画を立ち上げることが出来たなら、雇用の形態を変えてでも続行したほうがいいですよね?

そこらへんは雇用先の山陽映画株式会社さんの胸先三寸なのでしょうが、客観的立場から言わせていただければ、そういう“光”があった方が応募者のモチベーションも違ってきますよね。

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/11/12 23:55
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。