スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

重要文化財・明治の小学校校舎

旧遷喬尋常小学校校舎

岡山県真庭市の久世地域に現存する明治時代に建造された擬洋風校舎『旧遷喬尋常小学校校舎
(きゅうせんきょうじんじょうしょうがっこうこうしゃ)』。

この校舎は、日本の学校建築の設計基準が確立した明治後期に建造された物で今風の改装はほとんどされておらず、建築当時のまんまの姿で現存している歴史的建築物です。
このことから、1999年(平成11年)に、国の重要文化財に指定されました。


校舎近景
この校舎は1990年(平成2年)に新校舎を建てて移転するまで現役だったのですが、明治に建てられたものが約20年前までほとんど姿形を変えることなく使用されていたっていうのはスゴイことですよね。

外観だけでなく、内部も昔のまんま。木製の廊下に木製の天井という光景にノスタルジーを感じることができるでしょう。
残念なことに訪れた日は休館日(毎週水曜日)だったので内部写真が撮れなかったのですが、普段は完全無料で一般公開されていて、9:00~18:00の間なら誰でも自由に見学ができます。
校舎内にはボランティアガイドさんもいて、希望であれば校舎内を案内してくださいますよ♪(これも無料!)

校章校舎裏側から

校舎は完全なシンメトリー(左右対称)デザインになっていて、玄関左右を張り出して破風で飾り、その上に大きなマンサード屋根(二重勾配)が乗せられています。
そして校舎を真正面から見た中央の屋根には帆を張った高瀬舟で「久世」をデザインした校章があります。
と言うのも、かつて久世町エリアは旭川を使った高瀬舟による流通が盛んに行われ栄えた町だからなんですね。
校舎の裏側に回ってみました。
校舎正面からの景観のジャマにならないように配慮してでしょうか、こちらに駐車場が設けられています。

この旧遷喬尋常小学校校舎は現存する明治の建物ということで、映画『ALWAYS 続三丁目の夕日』やNHK朝の連続小説『カーネーション』など、映画やドラマのロケも行われていて、最近だとこれもNHKの朝の連続小説『ごちそうさん』、アニメ『京騒戯画』に出てくる校舎のモデルにもなっているそうです。


久世エスパス
こちらは同一敷地にある『久世エスパス』です。
建物内には音楽ホール・貸しギャラリー・研修&会議室・ミーティングルームなどが備えられています。
※地図上では“久世図書館”と表示されています。

この建物と旧遷喬尋常小学校校舎を合わせて“エスパスランド”と呼んでいます。
エスパスランドではこのふたつの建物を利用して様々なイベントが催されているのですが、一度は体験してみたいのが、「なつかしの学校給食」です。

これは旧遷喬尋常小学校校舎にて、昔の学校給食を再現したものを食べることができるというノスタルジー溢れるもの。

今年は4月・5月・6月・110・11月の土・日・祝日におこなわれていて、希望日の三日前までの予約をすればだれでも体験することができますよ。
※給食費 800円が必要です。

「久世エスパスランドホームページ」

岡山県真庭市鍋屋17-1 【地図】

TEL:0867-42-7000
休館日:毎週水曜日

スポンサーサイト
観光-施設 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/11/30 23:58
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。