スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

久米南町ってどんなところ?

久米南町は岡山県のど真ん中より少し東に位置する町です。

平成の大合併時に南隣の建部町と合併を検討をしたものの、合意には至らず建部町は最終的に岡山市と合併。どことも合併しないことになりました。
久米南町は大半が山林と高原地帯となっていて平地は少なく、町を縦断している国道53号線とJR津山線に沿って栄えている自然豊かな街です。北側に美咲町、東側に赤磐市、南側と西側に岡山市北区(旧建部町)が隣接しています。

久米南町は「川柳とエンゼルの里」として町興しを行っています。町に伝わるという“かっぱ伝説”をモチーフに町のイメージキャラとしてかっぱを採用。町の中心部にある旧国道沿いにある「かっぱ横丁」では多数の川柳看板やかっぱの石造が設置されています。町役場から西側の小高い丘の上には川柳が刻み込まれた石碑が並ぶ「川柳公園」やJR津山線 「弓削駅」では羽根が生えているカッパのエンジェルに出会うことができます。
また、久米南町は法然上人(ほうねんしょうにん)生誕の地で、生誕の地には浄土宗の「誕生寺」が建造されています。

久米南町の主要な産業は農業で、米作を主に、ブドウ・シイタケ・葉タバコ・各種野菜などの生産が盛んなようです。


交通の面では、町の中心を南北に通る国道53号線が主要道路になります。県道52号線を使えば美咲町の旧柵原町エリア・勝央町・美作市などの岡山県の東部地域とのアクセスが便利です。
町内に高速道路のインターチェンジは無く、津山市の院庄ICが最寄りのインターチェンジになります。
鉄道はJR津山線が町を縦断しており、北から順に「誕生寺駅」「弓削駅」「神目駅」の三駅があります。駅周辺ならともかく、山間部が多いこの町内では自動車に頼ることになるでしょう。


通信インフラの面では、平成22年5月から町内全域に光ファイバーを設置する事業を展開、現在はほとんどのエリアで快適な通信環境が整っています。
町が整備を行い、サービス提供は民間企業が行う、いわゆる「公設民営方式」。インターネット接続やケーブルテレビのサービスを利用するには、町への利用の申し込みのほか、サービス提供事業者への申し込みも必要です。


お買い物面では、町役場の少し南側にスーパーがありますので、日用品ならそこで十分に間に合います。電気製品やチョットいい服などを求めるなら、津山市か岡山市へ足を延ばすのがいいでしょう。ホームセンターは隣町の美咲町へ行けばあります。
また、「道の駅くめなん」の北隣にある「さんさんくめなん」では、新鮮な地元の野菜などが販売されています。
町役場の横には大きな図書館が建てられています。読書が好きな方は活用してみてはどうでしょう。


久米南町での田舎暮らしは、山里田舎暮らしとなるでしょう。
久米南町には“日本棚田百選”に認定された「日本一の面積を誇る北庄地区の棚田」「瀬戸内海を遠く望む上籾地区の棚田」をはじめ、多くの棚田風景が広がっています。しかしながら、他の地域と同様に担い手の減少により休耕田となっている田んぼも少なくなく、地域を上げて棚田風景の保存に努めています。
これから稲作に挑戦したい方、久米南町でいい汗を流してみませんか?

車が無い人でも国道53号線沿いの集落ならばバスが利用できますし、JR津山線を利用すれば津山市や岡山市へのアクセスも不自由しないでしょう。都会的な便利ささえ望まなければ問題無いと思います。

「岡山県久米南町」

スポンサーサイト
○○ってどんなところ? | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2011/06/08 18:16
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。