スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

岡山の初詣スポット

年の初めの行事といえば初詣ですね。

初詣は新しい年を迎えて最初に神社やお寺に参拝して一年間何事も無く幸せに過ごせるように祈願する行事で、初参りと呼ばれることもあります。

起源には二つの説が有ります。

土地の氏神様を祀っている神社に各家庭の家長が大晦日から元旦にかけて籠り、豊作や家内安全を祈願する行事:年籠り(としごもり)という古い習わしが、大晦日から元旦にかけてお参りする行事へと変わったという説。
歳神様からのお下がりであるおせち料理をいただいた後に、“歳神様のいる方角”にある神社や寺院にお参りする恵方参りが元だという説。

現在では、地元の氏神様にお参りするか、いかにもご利益の有りそうな著名な社寺仏閣にお参りするか、或いはその両方をするのが主流のようで、恵方を気にして初詣に出掛けられる方は少数派のようですね。

いよいよ今年も終わりということで、今回は岡山県内の人気の初詣スポットをご紹介します。

【最上稲荷】 さいじょういなり
伏見・豊川と並んで日本三大稲荷の一つに数えられ、毎年県内外から大勢の参拝客が集まる、岡山県最大の初詣スポット。高松稲荷と呼ばれることも。

岡山県岡山市北区高松稲荷712 【地図】


【岡山神社】 おかやまじんじゃ
もともとは現在の岡山城が有る場所にあって酒折宮と称していましたが、明治15年に岡山神社に改められました。倭迹迹日百襲姫命 「ヤマトトトビモモソヒメノミコト」(吉備津彦命の姉)が主祭神です。

岡山県岡山市北区石関町2-33 【地図】


【吉備津神社】 きびつじんじゃ
大吉備津彦大神を主祭神とする山陽道屈指の大社で、古代吉備国の総鎮守。
比翼入母屋造り(別名吉備津造り)という珍しい構造で、国宝に指定されています。

岡山県岡山市北区吉備津931 【地図】


【吉備津彦神社】 きびつひこじんじゃ
吉備の国を平定し現人神として崇められていた大吉備津彦命の屋敷跡に社殿が建てられたのが始まり。
吉備の国に製鉄文化をもたらした渡来人・温羅(うら)との戦いが元となった桃太郎伝説ゆかりの神社。

岡山県岡山市北区一宮1043 【地図】


【総社宮】 そうじゃぐう
備中国内三百二十四社の神社を勧請してお祀りしたのが始まり。古い様式を伝える三島式庭園と本殿を巡る長い回廊が美しい。

岡山県総社市総社2-18-1 【地図】


【玉比咩神社】 たまひめじんじゃ
豊玉姫命こと竜宮城伝説の乙姫様がご祭神。
境内にある巨石「立石」から三つの火の玉が飛び出したという伝承があり、古来から霊岩として礼拝されています。

岡山県玉野市玉5-1-17 【地図】


【中山神社】 なかやまじんじゃ
美作国が備前国から分立した時に吉備中山から勧請を受けて創建された美作国一宮。
他地方には例を見ない「中山造」と呼ばれる珍しい構造は美作の多くの神社の模範とされています。

岡山県津山市一宮695 【地図】

スポンサーサイト
イベント情報 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2013/12/30 23:47
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。