スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

稲荷名物 おかげまんじゅう

日本三大稲荷のひとつに数えられる最上稲荷の門前町の土産物商店街は、現在も昭和のまんま時間が止まったかのようなレトロな土産物商店街です。
最上稲荷から約1kmに渡って続くこの商店街、歩いているだけでも楽しい気分になりますけど、せっかくなんでやっぱり何か名物のお土産を買って帰りたいものですよね。


参道商店街
最上稲荷名物と言えば、「ゆずせんべい」「ご縁まんじゅう」「おかげまんじゅう」が人気です。

「ゆずせんべい」が多分一番の名物でしょう。ゆずせんべいは作っているお店ごとの個性がありますので食べ比べてみるのも面白いでしょうね。

「ご縁まんじゅう」は“ご縁”に掛けて“五円玉”の形をした面白いおまんじゅうです。サイズは5円玉の数倍(直径5cmくらい?)ありますよ。

「おかげまんじゅう」も、縁起を担いだネーミングですが、見た目は普通ですね。こちらは薄皮の小ぶりなおまんじゅうで、白餡・黒餡、それぞれに栗が載ったもの、皮の生地が違うものの5種類があります。

今回はゆずせんべいとおかげまんじゅうを購入したんですが、ちょっと目を離したすきにお母ちゃんにゆずせんべいを奪われ、正月のあいさつに来たお客さんに出されちゃいました(泣)。
仕方ないんでおかげまんじゅうだけのご紹介となります。

この記事を書くにあたって、ゆずせんべいを奪われた以外にも困った事態が発生しました。

いつも記事を書く上でネットで情報を下調べしているんですが、お店のホームページがありません!
今の時代、ほとんどのお店が自前のサイトを立ち上げてインターネット上で宣伝しているものですが、そんな必要なんかないくらい、旧来通りの販売方法だけで繁盛しているってことなんでしょうか?

仕方ないので写真と個人的な感想、店舗名と住所・電話番号くらいしか書けませんがご勘弁を(苦笑)。


最上稲荷 名物おかげまんじゅう5種のおかげまんじゅう
このおかげまんじゅう、直径約2cmくらいの上品な見た目です。
白餡と黒餡が薄皮に包まれていて餡子たっぷりなんですが、ほどよい甘さでした。

甘い和菓子はあんまり得意じゃない自分でも、渋めのお茶を飲みながら2・3個なら軽く食べられそうです。
栗が乗っけられたモノもいただきましたが、栗もヘンに甘く味付けされておらず優しい甘さでした。

見た目だけでなく味の方も上品な感じで、お客様へお出ししても喜んでもらえそうに思います。

今回購入したこのおかげまんじゅう(または最上稲荷まんじゅう)を作っている山下屋本店さんはおかげまんじゅうの元祖だそうです。

山下屋本店
岡山県岡山市北区高松稲荷666 【地図】
TEL:086-287-2116

スポンサーサイト
グルメ | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/01/06 23:53
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。