スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

岡山の著名人:浮田幸吉【鳥人】

浮田幸吉(うきたこうきち)は、備前国児島郡八浜(現:岡山県玉野市八浜)出身の日本で最初に空を飛んだとされる人物で、鳥人幸吉・表具師幸吉・表具屋幸吉・櫻屋幸吉・備前屋幸吉・備考斎(びんこうさい)などとも呼ばれています。

幸吉は江戸時代中期の宝暦7年(1757年)、児島郡八浜で生まれましたが、彼が7歳の時に父親が亡くなってしまったため、岡山の親戚の紙屋に奉公に出て表具を習うことになりました。
※表具とは、布や紙などを張って仕立てた巻物・掛軸・屏風・襖・などのことで、それを仕立てることを表装,表装を職業とする人を表具師といいます。

奉公の仕事は厳しいものだったのですが、辛抱強くて手先が器用だった幸吉の表装の仕事の腕はめきめきと上達したと言います。

いつしか空を飛ぶ鳥に興味を持った幸吉、普通の人ならば“鳥のように飛べたらいいなぁ”と思うだけで終わらせるところを、実際に自分も鳥のように飛ぼうと行動に移してしまいました。

江戸時代の中期頃というと、あの有名なライト兄弟に影響を与えたドイツのオットー・リリエンタールが初飛行したのが1891年なので、それよりも100年以上も前。1849年のジョージ・ケイリーのグライダーによる有人滑空実験よりも60年以上前のことです。

当然、航空力学などというものはありませんし、普通に考えるなら適当に大きな翼を作ってソレをしょって高いところから飛び降りてみる…というように思うのですが、幸吉のアプローチの仕方は一味違っていました。

まずは鳥が空を飛ぶ様をしっかりと観察。時には鳥を生け捕って羽の長さと体重を測定したりもしました。
その結果、「鳥の羽と胴の重さを計測しその割合を導き出す。それを人間の体に相当する翼を作れば人間も鳥と同じように空を飛べるはずである」と結論づけたのだそうです。

すごく論理的で驚きます。まるで学者じゃないですか。
翼の形状によって発生する浮力についてはどこまで考えていたのかはわかりませんが、鳥の飛ぶ姿をジックリと研究した彼ですから、鳥の翼の断面の曲線もある程度は模倣していたのではないでしょうか。

そして、表具師の仕事で培った技術を応用して、竹を骨組みに紙と布を張り、柿渋を塗って強度を持たせた翼の試作を繰り返します。

一月ほどで翼は完成し、故郷の八浜にある八幡宮の境内から下り坂を駆け下り地面から浮きあがることに成功、スグに落下するも、飛べることを実証することに成功。
次は岡山に戻って旭川に掛かる京橋の欄干からの飛行にチャレンジ!

この挑戦は数メートル滑空して上空で円を描いたとも、すぐに落下してしまったとも言われていますが、とんでもない騒ぎに発展してしまったことからも、“跳んだ”のではなく“飛ぶ”ことに成功したことは間違いないようです。

とんでもない騒ぎとは―。

旭川の河川敷で夕涼みをしていた人々が、幸吉の日本人初の飛行成功を目撃していました。
「鳥人が空から降りてきたっ!」「白い羽をつけた天狗が空高く飛びまわったっ!」などと大騒ぎとなったことから、幸吉は駆け付けた岡山藩士によって取り押さえられてしまいました。

幸吉は「奇行を持って人々を騒がせた」という理由で留置された後、藩主池田治政の温情によって岡山所払いとなりました。

所払位となった幸吉は駿河国駿府(現:静岡県静岡市)に移り住み、“備前屋幸吉”の名で故郷の児島の木綿を扱う店を開き、仕事が軌道に乗ったところで兄の子に店を継がせ、歯科技師「備考斎」として技術力の高い義歯を作ることで評判となりました。
その後は平穏な人生を送って91年の長寿を全うしたとも、駿府でも再び空を飛んで見せて騒乱の廉で死罪となったとも伝えられています。

どこまでが事実なのか、飛行に成功したとしてもどの程度の飛行だったのかはハッキリとはしませんが、こういったお話は男性にとってすごくロマンをくすぐられるもの。
鳥人・浮田幸吉を題材としたフィクション作品が何度も作られていることからもそれがわかりますよね。

映画では1940年公開の『鳥人』(日活京都)、小説では筒井康孝さんの短編小説『空飛ぶ表具屋』(1972年)、飯嶋和一さん書き下ろしの長編小説『始祖鳥記』(2000年)、マンガでは水木しげるさんの短編『幸吉空を飛ぶ』などがあります。

玉野市では、郷土の偉人・鳥人幸吉の偉業を称えようと毎年『鳥人幸吉まちづくりフェアー』を開催しています。

スポンサーサイト
著名人 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/10 23:57
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。