スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

岡山の花粉情報

まだまだ寒い2月ですが、この時期になると気になりだすのが花粉の飛散情報という方、少なくないと思います。

花粉症の主な原因とされる杉花粉は暖かいところから順次飛散していき、最も早い九州などでは2月上旬からもう花粉が飛散しています。


岡山県の花粉情報

全国的に見れば岡山県も温暖な地域。
2月中旬くらいから県内で花粉の飛散が始まっていて、瀬戸内海に近い県南部の地域ではかなり本格的な状態となっています。

比較的まだ少なめの県北部に在住で花粉症を患っている方、県南部方面へ出掛ける際には花粉対策をしっかりとしてお出掛けして下さい。

2014年春の花粉飛散総数は一部の地域を除いて全国的に昨年よりも少なめと予想されていますが、過去10年間の飛散量はそれ以前と比べて2倍以上にまで増加していますので、昨年より少ないからと言って油断は禁物ですよ。

下に花粉の飛散予報が見れる「tenki.jp」の花粉情報のページへのリンクを貼っておきますので、お出掛けする前にチェックされるといいでしょう。

Tenki.jp 花粉情報
岡山県

花粉は空気が乾燥しやすい晴れた日に多く、雨の日は雨に流されるので少なくなるというのはご存知でしょうが、雨の翌日にはそれほど晴れていなくても、前日の雨で地面に落ちていた花粉が舞い上がるので飛散量が多くなりますので気をつけてください。

一日のうちで最も飛散量が多くなるのは午後1時から3時頃。花粉に悩まされている方は、この時間帯の外出は極力避け、外出する際には花粉対策用にメガネやゴーグル・マスク・つばのある帽子などを着用しましょう。
衣類はツルっとしている花粉が付着しづらい生地のものをチョイス、室内に入る時には玄関先で十分に花粉をはたき落して、室内に花粉を持ちこまないように。
ご自身は花粉症で無くても、家族や職場に花粉で悩んでいる人がいるなら、玄関先で花粉をはたき落してから入室してあげる気遣いはしてあげてくださいね。

また、花粉症の主な原因は杉花粉とされていますが、排気ガスに含まれている微粒子などに長期間さらされる環境下では、花粉アレルギー反応の閾値を下げる・アレルギー反応を増幅する等の影響があるようです。
排ガス以外でも、道路とタイヤの摩擦で出来る道路粉塵も悪影響があるようです。
田舎では土が花粉を吸着してくれますが、都会ではアスファルトやコンクリートが非常に多いため地上付近で花粉が舞いやすくなっています。
そのため杉の木の植林が近くにある田舎よりも、都会のほうが花粉の影響を受けやすくなっています。

花粉症が社会問題として認知された時期と、日本の戦後の急速な経済発展・都市開発が進んだ時期が重なるのも考えてみればナルホドといった感じですね。

“花粉症だけのために”田舎暮らしを真剣に検討する人がどの程度いらっしゃるかはわかりませんが、移住を考えている方で花粉症に悩まされているならば、多少不便でも農地=土の多い田舎を検討されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
岡山で暮らす | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/02/19 23:56
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。