スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

J1昇格目標にファジ発進

3月2日(日)、2014年のJリーグが開幕しましたね!
J1では地方チームであるサンフレッチェ広島がビッグチームでもまだ成し得ていない三連覇という偉業を成せるのか注目ですが、下部リーグのJ2も今年はラモス瑠偉が監督に就任したFC岐阜も気になるところですね。
そしてもちろん、岡山県民としては悲願のJ1昇格を目指すファジアーノ岡山の活躍から目が離せません。

昨シーズンのファジアーノ岡山は、中盤までトップ10以内で奮闘するも終盤になって失速、敗戦が目立つようになり12位という結果に終わってしまいました。
影山監督は昨季を振り返って「なかなか勝ちきれない試合が多かったが、連敗もほとんどしないシーズンだった。これはチームとしての戦い方をしっかり継続してきているということ。ただ、その成果をぶつけても、それだけではJ1に昇格できなかったという事実がある。だから、これまで積み上げてきたものを大事にしながら、チームはもっともっと変化しなければならない。」と語られています。

とにかく引き分けが多く、簡単に点を奪われない守備は評価できると思うのですが、勝つためには絶対に必要な得点力がまだまだ足りなかったという印象の昨季のファジアーノ。
総得点数52はJ2で10位の成績で、数字から観ても得点力不足なのは明らかですね。

2009年のJリーグ加入から6年。今まで無かった専用の練習場もようやく出来たことですし、今年こそ飛躍の年にするべく頑張って欲しいものですね。

ファジ、開幕戦は富山とドロー 観客9577人熱いエール

 サッカーJ2のファジアーノ岡山は2日、岡山市のカンコースタジアムで昇格同期のカターレ富山と開幕試合を戦い、0―0で引き分け勝ち点1を挙げた。スタンドには9577人の観客が詰め掛け、チーム誕生10周年の今季、悲願のJ1昇格を狙う選手に熱いエールを送った。

 ファジアーノは前半、押し気味に試合を進めた。FW妹尾や新顔のFW林らが攻め上がり果敢にシュートを放ったものの、ゴールは奪えず。後半、相手に主導権を握られた時間帯もGK中林、DF竹田らを軸に粘り強く守り、無失点で切り抜けた。

 この日、岡山市の最高気温は13・6度。曇天で肌寒かったが、スタンドは開幕を待ちわびたファジアーノのサポーターがチームカラーのワインレッドに染め、懸命にボールを追うイレブンを大声援で後押しした。

 ファジアーノは第2節の9日、アウェーで昨季5位のジェフユナイテッド千葉と対戦する。

山陽新聞 ファジ、開幕戦は富山とドロー 観客9577人熱いエール(2014/03/02)


スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/03/02 23:48
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。