スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

瀬戸内ガール活動開始

先日、岡山・香川広域観光協議会が瀬戸内海に接する岡山や香川の街屋瀬戸内海の島々の情報発信をしてくれる『瀬戸内ガール(setouchi girl)』を募集しているという記事を書きましたが(瀬戸内ガール募集中!)、今月14日に瀬戸内ガールに選ばれた4名が発表されました。

岡山・香川両県から46名の応募があり、女性スタッフによる選考の結果、環太平洋大3年石木美咲さん(21)、同大2年小池春香さん(22)、高松市出身のお茶の水女子大3年真鍋友嘉さん(22)、団体職員笹川尚子さん(29)に決定。おめでとうございます♪

瀬戸内ガールズに選ばれた彼女達の活動は4月から瀬戸内ガールの公式サイトにて順次公開される予定で、活動期間は来年の3月までの1年間となりますが、4月の公式サイトでの公開に向けて早速19日に初仕事されたようですね。
※現在の公式サイトではモデルさんによるサンプル記事が掲載されています。


今回の初仕事に挑戦したのは石木さんで、瀬戸内市の牛窓町などを訪れて、牛窓オリーブ園やジェラート店での写真撮影が行われたそうです。

4月から公式サイトやフェイスブックなどのSNSを使っての情報発信がメインとなりますが、場合によってはイベントなどにも参加されるようですね。
今までとは違った切り口での女性ならではの瀬戸内の魅力PRに期待したいと思います。

おやつからはじまる瀬戸内の旅 setouchi girl

瀬戸内ガール始動

 岡山、香川両県でつくる観光協議会が瀬戸内海のPR役として公募していた「瀬戸内ガール」が両県で2人ずつ決まり、岡山側の1人で、環太平洋大3年石木美咲さん(21)が19日、瀬戸内市牛窓町などを訪れ、モデル役の初仕事に臨んだ。

 瀬戸内海国立公園指定80周年の記念企画で、活動は1年間。岡山側では、14人の応募があり、書類審査や面談の結果、石木さんと同大学4年小池春香さん(22)が選ばれた。

 初仕事は、石田一成・瀬戸内市観光協会長の案内で、「日本のエーゲ海」と呼ばれる風景を望む「牛窓オリーブ園」や人気ジェラート店に足を運び、特設サイト(http://setouchi‐girl.com/)用の写真撮影など。

 岡山生まれ、岡山育ちの石木さんはバス添乗員を目指して就職活動中。「牛窓は一番に紹介したかった場所で、最初に来られてうれしい。知らない場所にもどんどん出かけて、全国に岡山や瀬戸内の魅力をアピールしたい」と意気込んだ。瀬戸内ガールの活動は、4月から特設サイトで順次公開される。

YOMIURI ONLINE 読売新聞 瀬戸内ガール始動(2014/03/20)

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/03/21 23:49
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。