スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

安定しない気温に注意を

今年の4月の岡山県は降水量こそ平年並みかそれよりも少なかったようですが、毎週末に狙ったように雨が降ってしまい、ちょっと残念でした。
ゴールデンウィークこそは晴れの日が多いといいななんて思っていたら、ありがたいことに晴れの日が多いゴールデンウィークとなってくれたのは良いんですけど。

5月2日に津山市でなんと全国で2番目に高い気温を記録。最高気温28.1度で平年の22.5度をはるかに上回る夏日となってしまいました!
晴れてくれるのは嬉しいんですが、これはちょっと暑過ぎです(苦笑)。
まだまだ、朝晩の気温は低いというのに昼夜でこんなに温度差があったら体調を崩しちゃっても不思議じゃありませんよね。

この日は岡山県全体が高気圧に覆われた影響で、軒並み今年最高の気温を観測。観測16地点中11地点が夏日となり、夏日とならなかった地点でも平年より5度以上高い気温を観測したそうです。
津山市の次に暑かったのが高梁市の28.0度で、こちらは全国4位となったんだそうですよ。

確かに晴れて欲しいとは思ったけど、これほどまでに暑くならんでもいいじゃない!なんて思っていたら、またやってくれました(笑)。

夏日から一転して、5月4日は寒い日となりました。
新見市千屋で朝の最低気温氷点下1.9度を記録!これは全国で5番目の寒さで、なんと北海道よりも低い気温だったそうで、今度は全国で5番目となる寒さだったそうです。

これは寒気の影響と晴れの時に夜間に地表の熱が奪われる現象“放射冷却”が原因で、真庭市の蒜山上長田でも氷点下1.7度を記録。
他の地域でも氷点下までにはなりませんでしたが、県内全体的に平年を4度から8度下回る気温となりました。

極端ですよねぇ、この気温の変化。どんな服装で出掛けたらいいのか、本当に毎日悩みます。

岡山地方気象台の長期予報によりますと、向こう1か月は平年と同様に晴れの日が多い見込みですが、数日単位でコロコロと変わりそう。気温は平年並みか少し下回りそうだとのことで、まだまだ夜から朝にかけては暖かい服装が必要なようです。

岡山県内季節はずれの寒さ 新見・千屋、蒜山で北海道下回る

 岡山が北海道よりも寒い!?―。4日の岡山県内は、新見市千屋で朝の最低気温が氷点下1・9度(平年6・0度)を観測し、全国5番目の低い値に、真庭市蒜山上長田も同1・7度(同6・6度)で9番目を記録するなど、季節外れの寒さに見舞われた。

 晴れて夜間に地表の熱が奪われる「放射冷却」と、上空に流れ込んだ寒気の影響。高梁市3・5度、倉敷市7・1度、岡山市8・6度など、県内全域で朝の最低気温が平年を4〜8度程度下回り、3月中旬〜4月中旬並みだった。

 一方、寒いイメージのある北海道は、宗谷岬2・6度、旭川市6・5度、札幌市8・5度で氷点下の観測地点はゼロ。岡山地方気象台によると、こういった寒さは晩春にまれにあるといい、5月の観測史上の最低気温は、真庭市蒜山上長田が氷点下4・1度、新見市千屋は同3・0度で、ともに1980年5月2日に記録している。

 同気象台は「今後1週間は晴れの日が続き、状況によっては寒い朝となる可能性もある。体調管理に気を付けて」と話している。

山陽新聞 岡山県内季節はずれの寒さ 新見・千屋、蒜山で北海道下回る(2014/05/04)

スポンサーサイト
ニュース | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/05/05 23:43
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。