スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

地形=ちけい・じがた・じぎょう

『地形』。
地形(ちけい)とは、土地の形状を平面的及び起伏など立体的に表す言葉で、特に説明など必要がないと思います。地形図(ちけいず)というと、その土地の形状をわかりやすく示した図面ということになりますね。

一般的にはこれで説明を終わってもいいのでしょうが、不動産用語としては不十分なんですね。
まず読みが“ちけい”ではなく、“じがた・ぢがた” 或いは“じぎょう”“ぢぎょう”“ちぎょう”などと読む場合もあります。

“じがた”と読む場合、基本的に土地の平面的な形状及び傾斜や起伏のことを言います。
不動産物件としての地形は平面で観た場合、一般的に正方形、均整な形状であるほうが良いとされており、地形が整形であるか否かは、その土地価格に影響します。同じ土地面積なら地形が整っている方が高価となります。
また、のり面(斜面)となっている部分は宅地として利用できませんので、のり面の面積も価格に影響します。

※のり面が土地面積全体の30%以上となる場合は、土地利用が著しく阻害されるために不動産広告に傾斜地を含む旨とその面積を明示しなくてはなりません。

地形を“じぎょう”“ちぎょう”と読む場合には意味するものが変わってきます。
“じがた”と呼んだ場合と同じ意味で使用することもありますが、基本的には以下のことを指します。

その① 
建物の柱や礎石を支えるための地固めのことで、地業(じぎょう)と書くこともあります。“じつき”とも言います。

その②
建物の基礎を支えるための地盤に対して行う杭打ちなどの工事のことで、こちらも地業と書くこともあります。

これは個人的な意見ですが、地形と書いてあれば“じがた”を指し、“じぎょう”を指す場合には書面上では地形ではなく地業と書いた方が勘違いや混乱を防ぐことが出来、ユーザーフレンドリーな気がしますね。

スポンサーサイト
不動産豆知識 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | 2014/05/26 23:43
コメント:

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。